「あなたのところに行きます」詐欺。

こんにちは。竹田市在住のオクユイカです。

ついに・・・ついに、同性パートナーのみかんちゃんと竹田で一緒に住むことになりました。

引っ越し10回以上している私と、初めて大阪を出る恋人。

かなり気を張ってるんじゃないかなぁと思います。

 

というか・・・あれだけ嫌がっていた竹田に来ると決めた恋人。すんごいと思います。

感謝。

でも、よくよく振り返ると、私の自分勝手さの結果です。

「あなたの元に行きますよ」詐欺のはじまり

3年以上前に始まった

青年海外協力隊でマレーシアにいる私と、大阪に住んでいるミカンちゃんの超遠距離恋愛。

共通の友だちだったから、最初はお付き合いすることなんて全く考えもしてなかったけれど

青年海外協力隊の活動の行き詰まりや大切な人の死等、一番落ち込んでいた時に支えてくれたことがきっかけで

お付き合いをすることになりました。

 

最初はね、

おく
私、別に住むとことかどうでもいいから、帰国したら大阪にいくけん♪

って言ってたんです。

 

同じ職場で好きな仕事を15年以上も働いていた8個上の恋人。

それに比べ、一つの場所にはいたくないし、帰国後の仕事も未定だった私。

 

・・・どうかんがえても身軽な私が行くのがベスト。

 

本当にマレーシアからの帰国直前までは大阪に行くつもりだったんです・・・。

 

やっぱり、行かない。大分から離れたくない。

2年間の青年海外協力隊活動を終えて、日本に帰国した2016年10月。

 

今後についてはっきりしていたのは

  • 大分のLGBT事情をどうにかしていかないと大分だけどんどん遅れていくのでは?という勝手な使命感
  • 田舎に住みたいって思っているけど、一体いつ?いまじゃない?

それなら、今から、大分の田舎に今から住む!

という結論になり、ミカンちゃんにも伝えた。

ミカン
え~!無理やで。田舎は無理。

 

おく
やりたいことが大分にあるんだから仕方ないもん!
ミカン
・・・オクちゃん大阪に来てくれるってゆうてたやん・・・

 

おく
だって、やりたいことがやれない人生なんて、死んでしまう!

 

そんなやりとりをかなりした。

「あなたのもとに行きます」

という前提でお付き合いしたのに、調子の言いことだけ言って自分勝手な私・・・。

「田舎は無理。竹田はもっと無理。」だった恋人。

大分でも充分田舎だと思っている恋人にとって「竹田」という急に出てきたワードに怖さしかなかったようです。

そんな怖さを払拭するために、

竹田の事を伝えよう!と思って、住む前に1人で竹田を訪問したこともある。

ミカン
写真撮ってブログで竹田のこと書いてね

 

と恋人のプレッシャーを感じながら。

 

田舎が好きではない恋人に対して、竹田の中から「大阪的要素」をさがしたのだのだけれど

どこを見渡しても私の大好きな田舎の風景しかありませんでした。

 

おく
これ、・・・写真送ったら”絶対来ない”って言われる

と思って、写真も数枚しか撮ることができなかった。

 

ちなみに、唯一写真を撮って送信したのが

七里団地の写真。

※七里団地は、市役所の裏にある竹田で最も新しい家々が並ぶ住宅街。


(イメージ図)

おく
竹田にも、こんなきれいな住宅街があるよ♪

 

の言葉と共に、あらゆる角度から撮影した七里団地の写真を送信する。

 

あの時の、だましている感は今でも忘れられません。

 

それでもみかんちゃんは

ミカン
これで住宅街なん??!周りが山だらけやん

と驚いたので

 

おく
もう、無理・・・竹田の本当の姿は伝えられない

 

結局、竹田の事を伝えるブログを書くこともできず、その時はウジウジ凹んでいたのだけど

1か月後に

もう一度「竹田の写真ないの?」と聞かれたので、再度竹田を訪問。

二回目の訪問の時にはブログも書いた!

その時のブログ→大分県竹田市は見どころ満載!城下町散策に行ってきました。

 

その後、地域おこし協力隊に応募。

この時点でもミカンちゃんは、「竹田には行けない」って言ってた。

 

そんな恋人は今、竹田にいる。

私が竹田に住んでから1年間の間に、何回か竹田にきてくれたミカンちゃん。

最初は

ミカン
周りが山ばっかりで怖いねん
ミカン
人がおらへん

竹田に数泊して大阪に戻った時には

ミカン
大阪がニューヨークに見える!!

って、嬉しそうに連絡をしてくるほどだった。

 

・・・・・・

 

そんな恋人が今、竹田にいます。

15年以上続けていた仕事を辞め、家族とも離れて自分勝手な私についてきてくれたミカンちゃん。

私とお付き合いをして、一緒に生きていこうと決めてから、ご両親にもカミングアウトしました。

 

仕事を辞めたミカンちゃんと、今後の先行きが見えない収入が不安定な私。

今は気丈にふるまっているけれど、きっと不安でいっぱいなのではないかと思う。

 

沢山の決意があったのだと思います。

 

今、私の横でストレッチしながら鼻歌を歌っているミカンちゃんに

竹田に来ようと決意した理由を聞いてみた。

 

ミカン
この人、ひとりにしとかれへんって思ってん。

 

おく
同情か

 

何はともあれ、これから二人の生活をしていくわけなので、仲良くやって行こうと思います。

 

竹田での生活、スタート!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしに憧れ大分県竹田市に移住。現在地域おこし協力隊!

LGBTサポートチームココカラ!として大分県内で交流会をひらいたり講師もしてます。




記事がよかったらシェア!

コメントを残す