生き方

仕事がつまらない!人生がつまらない!のはこんな意識が原因だと気が付いた。

2017/01/28

仕事についておもうことを書きます。

仕事って・・・・

 

”時間に拘束させられて、仕事をさせられる。”

 

私は過去にそうやって働いていた時期があります。

そうやって思っていた時って、苦痛でしかなかった。

”あ~・・・早く時間にならないかな・・・あと10分もここにいないといけないなんて!”

たった、10分が嫌で嫌でたまらない!!そんな時期もあった。

一日のうち最低8時間も”いやだ”って思いながら働ける人って、ものすごく忍耐力がある方だと、今でも思ってます(゜-゜)

 

”させられてる”からの脱却

なんで、その時にものすごく仕事が嫌だったのかと言うと

”時間に拘束させられて、仕事をさせられる。”

その、”させられている”意識が大元でした。

 

支援学校に通っていたある男の子の話。

その男の子は ”やらされてる”って感じると一気に拒否。

そんな時は紙は破るし、パンチだってとんできます。笑 最初の数か月はそんな感じでした。

でも、その行動だけを見てたらだめです。

”やらされてる”の裏側には

これまで、”やらされた”悲しい想いをした経験がある!! という想いがあるので。

その気持ちを無視して、行動だけ注意すると信頼関係が築けないんです。

その男の子に足りていなかったのは

成功体験

感覚過敏があるので、私たちが普段しているようなことさえも、怖い想いをしてます。

例えば”長ズボンを履く”って行為も、素材が肌にあたるのが耐えられない。だから冬も半袖半ズボン。

そんな感じ。

”できない、できない、僕はできない!もういやだ!!”の世界にいるので、

自己肯定感が低い。

だから、

できた!という成功体験を少しずつ積む必要があります。

学校の教員はそのためにいる存在だと私は、思ってます。

 

そのために、教材を工夫したり、かかわり方を工夫したりしてきました。

 

数か月関わって

「ぼく、できたよ!」という経験を繰り返すうちに、その男の子はすごく変わった。

 

クラスの中に入るのも怖がっていたのが、朝の会や帰りの会で堂々とお話したり、歌を歌ったり。

その姿を見て改めて思ったんです。

”させられる”って先が見えないから怖いんじゃないかと。そして主体的じゃないからつまらない。

逆に、”やろう!””やりたい”って気持ちはこんなに人を活き活きさせるのだなと。

 

やろう!やりたい!!への移行

仕事が嫌って思うときって、”やらされてる感”がある時。

勉強が嫌って思うときも、”やらされてる感”がある時。

が、ほとんどじゃないでしょうか。

私は

やりたくないものはやりたくない!

そういう性格。笑

でも、私はほかの人にはなれないので、そんな自分の性格と上手く付き合っていく必要もあります。

私はもうアラサーなので、誰も支援なんてしてくれませんw

だから、やりたくない→やろう!に自分で持っていく必要がある。

”やりたくない”のであれば”やりたい!”と思うこと、やりたいと思える場所を見つける必要があります。

自分支援!!

 

なんでも「〇〇大会」にしちゃう。

なんでもいいんです。モチベーションが上がれば。笑

 

「一人歯磨き大会!~いかに短時間で綺麗にしあげられるだろう~」

「この書類を意地でも今日中に終わらせるぞ祭り

 

あほっぽいけど、結構楽しくなります。

”○○強化週間!!”とか名前つけて集中するとかも、時々してます。笑

時間を制限する、ご褒美を作るなどして、よし!と楽しめる工夫をするのって大事。

 

会社の理念(ミッション)を知る

会社であれば、理念ってあると思います。その理念に共感できたら「この会社のために働こう」ってなるかもしれません。

おもしろいなと思う会社をちょっと紹介!

株式会社いないないばぁ

株式会社いないないばぁ

会社のホームページを見てほしい!!そして、そこから、visitと書いてあるボタンを押してください。笑

「あまえんぼさん♥」とか「いないないばぁ」とか「いやぁ~ん♥」とか押すと、音が出ます。

なんじゃこりゃぁw

※スマホからのどう映るか確認できてません。

そんな、株式会社いないないばぁのミッション

毎日にワクワクを、ビジネスにサプライズを。

引用:いないないばぁのミッション

 

ちなみに、なぜこの会社を書いたのかというと、前回書いた記事

バリ島に行ってきた!大富豪アニキとキャバクラの帝王からお金について学んだ話。
これは、1年半ほどまえの話。バリ島のアニキこと、丸尾孝俊さんにお会いしてきました。バリで超有名な大富豪の日本人です。きっかけは、数年前にバリ島のアニキの本を読...

そうなんです。バリ島に行った時に偶然、いないないばぁの副社長、齊川 真輔さんとお会いしたから。

元々はお堅い仕事でバリバリされていた方。でも、鬱になったことがきっかけで人生ガラッと変わったんだなぁと・・・話を聞いて思ってました。

すごくシビれる話だったんだけど、ここに書いていいのかわからないので控えておきます。

ですが、ここのホームページの社員紹介のところを進むと

”この人にランチをおごって話をきく”というのがあるので、興味がある方は、しんすけさんのところから進んでみてください。笑

ほんと、いろんな人のストーリがあって、刺激を受けることがあって。ああ、出会いって大事だな。っていつも思う!!

 

 

すごい話がズレてて、自分でもびっくりする(´・ω・`)

 

理念の話でした・・・

理念はそれぞれ会社によって違います。

理念に共感できたら一緒に進める気がしませんか?

 

そうなったら、やらされてる の仕事ではなくて、やりたい!仕事になる。

 

仕事なので大変なこともあると思いますが、会社自体が”どこに進んでいるのか?”何を目指しているのか”が見えているのと、見えていないのでは全然違います。

 

だから、これから会社を選ぼうとしている人がいるのであれば、給料とかだけではなく、理念を見ることをおすすめします。

人それぞれだと思うけど、私はお金儲けだけ考えてる会社は無理(゜-゜)

 

余白って大事。

 

もし、今に満足していない方がいるとしたら、憂鬱な日々を送っているのだとしたら

本当にしたいことって何だろう?って時間をとって向き合う時間って大事だと思う。

 

日本の会社の労働時間は長すぎて、他に目を向けることができないほど、疲れ切っている方もいるようで・・・((´;ω;`)

ここは本人次第ですね。

忙しい中でもゆったりお茶を飲むとか、本を読んでみるとか、新しいことをしてみるとか・・

 

自分に向き合う時間を作るのでいいなぁと思ったのは、一人合宿!!

ネパールの青年海外協力隊員、keiさんが以前書いていた一人合宿。


意識して余白を作ると新たな情報とか入ってきたり出会いがあったりして、”したい”って思うことがでてくるかもしれませんね。

 

最後に・・・

教えて欲しい・・・。

きっと、一つの仕事を長く続けている方は、その人なりの仕事の楽しみ方があると思うんです。組織に所属してたらいいことも嫌なこともいっぱいあると思うので。

知りたいなぁ・・・(´_ゝ`)

 

記事が良かったらシェア、イイネ、はてブなどしていただけると励みになります!!

 

このブログの運営者

 おくゆいか 

 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

-生き方
-