小心者な性格を克服する方法。『臆病』と言われないためにした5つのこと。

こんにちは。オクユイカです。

ブログでも何度も書いている通り、私は小心者かつ臆病で人見知りであがり症というフルコースなのですが

あなたはどうですか?

  • 小心者な性格の私のこと
  • 自分を変えるためにやってみたこと
  • 変わったコト・変わらなかったコト
  • 結局、小心者は変われるのか?

について書いているので

もしも、人見知りな自分が嫌で変えたいだとか、小心者な自分が嫌だなぁと感じているのであれば

ここから先も読み進めていただけると何かお役に立てることがあるかもしれません。

臆病で小心者だった過去。

今の私は何十人、何百人の前に立ってお話をすることもあれば、集まりを主催することもあります。

そんなことをしているからか、「小心者」や人見知りだということを言っても

 

誰も信じてはくれません。笑

 

さらには、昔からとても臆病でして。

おく
友だちから「奥病」と言われてたこともあるくらいだよ。

小さい頃の苦い思い出

小学校4年生の時、全校児童の前で劇を発表することになったんですが

クラシックバレエを習っていたということが理由で、先生に勝手に妖精役にされてしまったことがある。

その役は、妖精になって人前で踊らなきゃいけなかったんです。

どうしても嫌だったから勇気を振り絞って「いやです」って言ったんだけど、結局押し切られてその役に・・。

練習には出たけど、本番が近づくにつれて心が重くなるばかりだった。

で、迎えた当日・・・。

人生ではじめて、ズル休みをしたんですよね。。。。

劇のキーになる役だったから休んではいけなかったんです。だけどどうしても怖くて無理でした。

 

また、ある時の学習発表会では、たった一言セリフを言うのも緊張で言えず・・・。

それを見越して、手にカンペをかいたりしてたのですが

緊張しすぎて書いた文字が汗で消えてる!!!

隣にいた馬場君が教えてくれるセリフをリピートしてその場をしのぎました。

馬場君、あの時はありがとう。

その他にも

・隣の家に回覧板を持っていくことも人見知りのせいで中々怖くていけない

・バレエの発表会では必ずミスor転倒

・保育園時代、年下の子に意見が言えず連れまわされる。トイレ行きたいがいえずおもらし

まだまだエピソードはあるけれど、それらを振り返ってみても、やっぱり臆病だし小心者だしあがり症・・・・苦笑

小心者の原因

臆病なのも小心者なのも原因は同じで

  • 絶対に失敗したくないと思っている
  • 失敗がいけないことだと思っている
  • 周囲の目を気にしすぎている
  • 嫌われたくない思いが強い

一文にまとめると

 

失敗したところを周りに見られて嫌われたらどうしよぉぉぉぉぉぉ!!!!

 

というところでしょうか。

そんな気持ちを無理矢理なんとかしようとするから、逆に意識してしまって身体もこわばります。

臆病で小心者な自分を変えるためにしたこと

失敗してはいけないと思うと、普段の自分さえも見せることができません。

そんな自分を変えたくて色々試してみて効果があったものを書きたいと思います。

ひたすら練習をする 効果:☆☆★

本番で失敗するのは練習が足りないからだ!

って言われたことありませんか?

私はそれを信じてたので、人前に出る時等は人一倍練習しました。

だけど、脳みその中で呟いているセリフは

失敗したくない・・・失敗したくない・・・失敗したくない・・・・・。

結局、練習は上手くなるんだけど本番になると頭真っ白になってました。

おく
失敗したくないという言葉でイメージするのは「失敗している姿」。

それを脳みそで繰り返し強化してるから結局イメージした通りになっちゃうんだよね。

ただし、私の場合は根本がネガティブだったので効果があまりなかっただけかも。

自信がつくところまで練習が出来たら別です。

なりたい人になりきる 効果:☆★★

困難を乗り越えて何かを成し遂げる人の姿が、テレビやYoutubeで時々流れています。

そんな姿を見てパワーをもらえる人も多いはず。

堂々としていてやりたいことをやっているような人になりきってみるのは効果的でした!

高校時代はテニス部に所属していたのですが、試合の直前に夜に好きな選手が出てる動画を見ると

不思議なことに自分も強くなった気になって、堂々とプレーできるんです。

環境を無理矢理変える・今の環境から飛び出す 効果:★★★

「小心者」って新しいことへの挑戦が怖いです。

20代前半のころ、NPO法人をつくりたいと思ってたんですけど、当時は”失敗するのが怖いし、自分にできるわけない”って思ってました。

これって、身近に起業している人が少ないことが原因だと思ったんです。

だから東京に行って、起業している人たちの中に行くことで、起業へのハードルを下げたかった。

今はSNSでいくらでも人と繋がることができるので、Twitterなどでそういう人と繋がるだけでも違うのかもしれませんね。

 

環境で人は変わる

というのは本当だと思います。

環境を変えること自体が怖いという気持ちもものすごーーーくわかる〜(´;ω;`)

だけどね、一歩踏み出してみると何かが変わります。

というか、私は変わったよ!

例えば、今よりも怖がりだった時にバイクで日本一周した時のこと。

この時もスタートするまでは不安でした。

だけど、その結果感じたことが以下の文章。

やってみないうちは、物事を大きく想像してしまいがち。

でも、やってみると「こんなもんか」って想うことが多いんです。

その時の自分にとっては、一人で日本を一周するということは大きなことだったのではないかと思う。

でも、これも時間がたつにつれて「こんなもんか」って感じるようになっていった。

この経験ってめちゃくちゃ大事だと思っていて。

 

一度、よっしゃ!って気合いをいれてしたことが「なんだこんなものかぁ」って感じるような経験をすると、次に、新しく取り組むことへのスピードも割と早くなります。

考えて悩んでどんどん想像を大きくするより、さっと行動した方が答えがすぐ出るから楽なんですよね。

毎回びびりながら進んでる状態だけど、環境を変える・今の環境から飛びだすことで得られることは多いです。

ものすごく小さくてもよいので環境や付き合う人を変えてみるというのはおすすめしたいです。

緊張する場面の場数を踏む 効果☆★★

これ、荒行だけど効果はあります。

現在、セクシュアリティについての講師や発達障がい関係の講師を引き受けることがありますが、ひとりで1時間〜1時間半話さなければいけません。

青年海外協力隊でマレーシアに行っていた時にも、現地の先生達に向けてワークショップをしたりしてました。

もうね、最初の頃なんて悲惨よ!!w

笑えないし、変な汗がダラダラたれるし声も手も震えてるし!!!

だけど、何回も何回も繰り返していると少しずつ慣れるものだということが判明。

精神的には結構つらい。笑 だけど「怖いなぁ」という機会があったら引き受けてしまうのもひとつの手かも。

臆病で小心者の自分を周囲に見せること。効果:★★★★★

もうね、格好つけようとか、よく見せようとかは捨てて「私はこういう人間です・・・」っていうのを素直に出すようにしたんだけど

これが一番効果があった!!

このブログを始めた当初、ブログを書く理由を自己紹介の所にこんなことを書きました。

(中略)

ここまで読んでくださった方、私に対してどんな印象を持つんだろう・・・。

もしかしたら、なんでも挑戦する前向きな人とか思うのかもしれません。

でもね、そんな風に思われて「あの人と私は違う」と思われて悲しかったことがこれまでに何度かあったから

ブログでは自分の弱さなどをどんどん出してます。

これを投稿するのには、本当はかなり勇気が必要だった。

表面上幸せそうで元気に見えてもみんなそれぞれ色々あるさ!っていう想いを伝えたかったのと、

人目を気にしないで自分を出してく経験をしなきゃって思ったんです。

 

かっこつけないで、そのまんまでいいじゃんってなった。

人目を気にして自分を出せないで孤独になってる人って多いんじゃないかなと思うんです。

 

だからこそ私は敢えて自分自身の弱い部分や過去の経験などを書いてるし、これからも書こうと思ってます。

強がらなくてもいい、競争しなくてもいい、そのままの自分で生きていきたい。そう思ってる。

もしも、もしも!自分の書いた記事が、どこかの誰かの役に立てることがあるなら最高に嬉しいなぁと思ってます。

引用:『波乱万丈の方が人生楽しい』を証明する。オクユイカの自己紹介

直接誰かに話したわけではなく、ブログの文字を通してだったんだけれど、

書いているうちに「自分はこういう人間だ」ということもはっきりしたし、それによってマイナスになるどころか人との繋がりが生まれたり・・・。

今は、自分を着飾るようなことはしないので、楽に人と接することができるようになりました。

結局、臆病で小心者は自分は変われたのか?

先日の母との会話

おく
性格って大人になっても変わらないと思うんだよね~
なにいってるの!あんたは昔と全然違うじゃない。昔は内向的だったでしょ。そこが可愛かったりもしたのに。笑

と・・・・。

 

ここまで書いておいてアレですが、小心者(内向的)の自分は相変わらず存在します。

治らなかったんです。

ただし

”自分をよく見せよう” ”他者から期待されている「自分」になりきらなきゃ”

という想いがなくなることで、そのままの自分で人と接することができるようになった。

 

人からどう見られるのか?という不安よりも、人と繋がることが楽しい!!が勝るようになった結果、

周りに「人見知りじゃないでしょ〜!」と言われるようになったんだと思っています。

臆病で小心者の自分を誰かにさらけ出してみるっていうのが大事で、

直接話さなくてもなくても自分のことを発信できるブログは、そのツールにぴったりだったのかもしれませんね。

少しでも小心者な自分を変えたいと思っている方のヒントになれば幸いです。

小心者の原因はもしかしてHSP?
感受性が強すぎて行きづらい人のことをHSPと呼びます。他者の発言や行動に対して敏感であったり感受性が強いことが小心者と呼ばれる要因の一つの場合もあります。HSPについてもブログで書いているのでこちらもご一緒にどうぞ!

自分のことを知るのにぴったりな無料診断を見つけた。

最後に、無料なのに、とても役だった診断テストがあったので紹介して終わりますm(__)m

・自分の長所がわからない

・自分のことをもっと知りたい

・自分に自信を持ちたい

という方におすすめです。

1つめは8568通りの中からあなたの本当の長所を教えてくれるグットポイント診断。

もうご存知の方もいると思いますが、すごく当たると噂のあの診断です。

私自身も自信がない時にやってみて、自信をもらえました。
自分の長所って意外と見えてなかったりするので・・・(^^;)

興味あるかたはやってみてくださいね♪

【自信がない人におすすめ】噂の無料長所診断やったら自信をもらえた

以上、オクユイカ(@Saba0m)でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしに憧れ大分県竹田市に移住。現在地域おこし協力隊!

LGBTサポートチームココカラ!として大分県内で交流会をひらいたり講師もしてます。

コメントを残す