「弟の夫」マンガの感想。身内がゲイだったら…【佐藤隆太×把瑠都でNHKドラマ化】

こんにちは。テレビが家に無いのでNHKが見れません。どうもオクユイカ(@Saba0m)です。

 

”あなたの家に突然、「弟の夫です。」とゲイの方があらわれたらどうしますか?”

 

というわけで、はじめて、BL(ボーイズラブ)の漫画を買ってみたよぉぉぉぉぉおお!!!!

うそです。ボーイズラブ要素は、ほぼほぼありません。

 

第19回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞した「弟の夫」というマンガ。友だちにすすめられて読んでみました。

そして「弟の夫」は2018年の3月にNHKBSプレミアムで2018年3月にドラマ化、3回にわたって放送されます。

主演は、「佐藤隆太×把瑠都」。

「弟の夫」あらすじ

小学生の娘を男手ひとつで育てる折口弥一(佐藤隆太)のもとに、突然、髭もじゃの外国人の男が訪ねて来る。

弥一には双子の弟・涼二がいたが、ずいぶん前にカナダへ移住し、ほぼ絶縁状態となっていた。

その弟が、亡くなったという。そして目の前の男性・マイク(把瑠都)は弟の“夫”、

つまり同性婚の相手だった――

しばらく弥一の家に滞在することになったマイクだが、弥一はゲイに対する偏見がぬぐえず、どう接していいか戸惑い、いらだってしまう。

しかし、娘の夏菜(根本真陽)といち早く打ちとけるマイクの人柄や、従来の夫婦観・家族観にとらわれない考え方に触れるうち、だんだんと彼を受け入れていく。

離婚した妻・夏樹(中村ゆり)をも巻き込み、折口家に新しい“風”が吹き始めるが、それは同時に、周囲の人々との間に波紋を巻き起こす事でもあった。

そしてマイクには、弥一に伝えねばならない、亡き涼二との“ある約束”があった・・・

引用:佐藤隆太×把瑠都『弟の夫』制作開始!

 

弥一の悩む姿、夏菜の純粋な問いかけが心にくる

急に「弟の夫」という存在があらわれたことで困惑したり関わり方を悩む弥一とは裏腹に、娘の夏菜はマイクに純粋に問いかけます。

 

日本では男同士は結婚できないけど、よその国ならできることもあるということを知り、夏菜が言った言葉。

こっちで良くて、あっちでダメなんてそんなの変!

そんなもんだと思っていた私も「確かに変だよね」って思いました。

 

一緒に食事をしている場面で夏菜はマイクに尋ねます。

マイクと涼二さん、どっちが旦那さんでどっちが奥さんだったの?

(それに対するマイクのこたえは「どちらも旦那さん。」)

 

そのやりとりをきいた弥一も、自分が「旦那さんと奥さん」の図にマイクと涼二を当てはめようとしていたことや

そこから「男役」「女役」がどちらかまで考え、夜の事情まで想像してしまっていた自分に気づきます。

 

レズビアンの私もそういう反応をされたことがあってね、

私がパートナーのことを話すと、とても素直な方が「え、じゃあオクちゃんは男側なの?」と聞いてくることがある。(こうやって素直に質問をぶつけられると嬉しい!)

私達の場合も、私が「奥さん」、パートナーも「奥さん」です。

※私の名字も「オクさん」です。

結婚は「男」と「女」がするものという固定観念があるからこそ、無意識にそれに割り振ろうとしちゃうんですよね。

私も自分がセクシュアルマイノリティじゃなかったら、そう考えてたと思う。


漫画を描いた田亀源五郎さんって誰?

一体、どんな方だろうかと思い漫画を最後のプロフィールを見てみた。

田亀源五郎

マンガ家、ゲイ・エロティック・アーティスト

1964年生まれ。

多摩美術大学を卒業後、アートディレクターをしながら1986年からゲイ雑誌にマンガ、イラスト、小説を発表、1994年から専業作家になる。

ゲイマンガ家として単行本多数。英・仏・西語など海外翻訳出版も多数。

海外で個展を開いたりもしており、海外からの評価も高いそうです。

ゲイ・エロティック・アーティスト?!?! ってなってしまいそうだけど、「弟の夫」にエロ要素はありません。(私視点)

 

弥一の心の葛藤と、それを乗り越える姿が見どころ!

 

また。ドラマ化されることについての田亀源五郎さんのコメントがこちら。

「弟の夫」を描きながら、私はこれを、できるだけ多くの人に読んで欲しいと思っていました。

ここ数年の間、世界の様々な国で同性婚が合法化されました。

いつか日本でも議論されるかも知れない。そのときに、ゲイや同性婚について何も知らないまま、是非を語って欲しくない。

先入観であれこれ言うのではなく、まず知って、そして一人一人に考えて欲しい。

ですから、ドラマ化のお話は大歓迎でした。テレビという媒体を通して、また新たに一人でも多くの方に、この物語が届きますように。

そして私にとって、自分のマンガが実写化されるのは初めての体験。どんなドラマになるのか、原作者というよりファンみたいな気分で、今からワクワクしています。

引用:「弟の夫」佐藤隆太&把瑠都でドラマ化、LGBTテーマに描かれる家族の物語

弥一役の佐藤隆太とマイク役の元大関の把瑠都さん。どんなドラマになるんでしょうね~。

感想

純粋に亮二さんを愛しているマイクの姿がかわいいです(^^)夏菜ちゃんとのやりとりもかわいい!!

そんな二人の姿に、偏見でいっぱいだった弥一の心が変化する様子が伝わるマンガでした。

表紙の弥一さんの表情の変化も少しずつ変わっていますね(^^)

以上、オクユイカ(@Saba0m)でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしに憧れ大分県竹田市に移住。現在地域おこし協力隊!

LGBTサポートチームココカラ!として大分県内で交流会をひらいたり講師もしてます。




記事がよかったらシェア!

コメントを残す