面白いポスターが魅力的!文の里商店街に行ってみた【大阪】

リンクユニット




こんにちは。オクユイカ(@Saba0m)です。

私は下町の雰囲気が大好きです。

昭和な雰囲気がたまらなく好き!家にちゃぶ台とか、黒電話とか置きたいんです。

そこで、今日は学校帰りに、文の里商店街に行くことにしました。

この文の里商店街、2014年ごろに、面白いチラシが作られたとのことでちょっと有名になったらしい・・・

(商店街の活気を取り戻すために商工会議所が電通関西支社のクリエーターと協力して作成したもの。)

それから、二年。どうなったか実際に行ってみました!!

文の里商店街の今

地下鉄谷町線、文の里駅で下車。7番出口を出ると、すぐに文の里商店街があります。

ここにきて、若干の不安を覚える私。。。。

もう、ポスターもないのでは・・・・

しかし、ポスターは健在でした!!!

 

眞ちゃん豆腐

ふみのさ党、眞ちゃん って書かれていますね。私の清き一丁もいれたい!!笑

 

下村電気

手にもっているのは、えっと、それリモコンですね。

こんなポスターも

”シャワーが止まらないんです。”

 

婦人服のウシダ

カメラが悪くて写真が見えなくてすみません。(カメラ購入したので次回からは綺麗な写真とれるもんっ!)

左上に書いているのが

“似合ってなければ口には出さず、顔に出しております”

・・・・ぬぉーーーーー、店主さんの顔を要チェックしないといけないぞ!!

大嶋漬物店

”ポスター?はよ作ってや。死ぬで。”

”やっと気付いた。この仕事、しんどい。”

お気づきだろうか。

二〇十三年 七月二十三日 閉店

もう、閉まってるんかい!!(゜-゜)

大塚生花店

あえてアップで撮りませんでした。

”自分を褒められるより、花を褒めてくれるほうが嬉しいわ”

なんてカワイイポスターなんだろう。

座っている店主さんも優しい顔をしていました。

 

魚心

なんで、真っ黒だと思いますか??

このポスターは一枚完結ではありません。

・・・・魚拓ではなく、人拓をとったようなのです。

実際にとられた人択も商店街の屋根に張り出されていました(笑)興味がある方は見に行ってみてください。

 

阪和薬局

”かしこい薬の使い方、ご相談ください”

この、アホにつける薬はあらへんシリーズは他に3枚ほどありどれも面白かったです!!興味がある方はぜひ!!

(・・・活気が無かったのでぜひ行ってほしい)

漬もんや

”何度も何度も、氷水に沈めた。”

なすびの気持ちを考えると、辛い。笑 厳しい世界だ・・・・。

”切り口に大量の塩を塗り込んでやった。”

白菜の気持ちを考えると・・・・なんて厳しい世界なんだ。

そんな白菜がかわいくみえてきちゃって、私は白菜を購入しました。

ブティック クロサワ

ブティッククロサワさんのシリーズも他にもあって面白かったですよ!興味があるかたは是非!!(三回目)

大阪屋

”俺の肉がお前の手で、コロッケに変わる。これが、愛や”

お肉くんとコロッケちゃんのポスターも他にもあり、愛らしい感じがかわいかったです。

そんな大阪屋さんで、豚カツを購入!!一盛り200円って、安い(゜-゜)

写真撮っていいですかって聞いたら笑顔でオッケーしてくださったのに、なんということだ・・・。

私の腕のせい・・いや、きっとカメラのせいでおばちゃん半目や・・・

ごめんなさい。

 

文の里商店街の実際

ほとんどの店が閉まっていました。

活気はなかったものの、昔ながらの商店街の姿が見れたので、私にはたまらない場所でした。

すぐ近くには大手スーパー。なかなか商店街の活気を取り戻すのは難しいのかなぁという印象。

閉まっている店がほとんどなんです。

だけど・・・・

 

こんな明るい感じで乗り越えていってほしいですね!!

商店街での買い物って憧れでもありした。今日はそれができたので嬉しかった♪

 

文の里商店街メシ

文の里商店街で購入した”切り口に大量の塩を埋め込んでやった”で登場の白菜の漬物と、半目の写真を撮ってしまい少し申し訳なさを感じた、大阪屋の豚カツでディナーだ!!!!

白菜の浅漬けは、幼いころ知り合いのおばあちゃんがよく漬けておすそ分けをしてくださっていたんですよね。

その想い出があって大好き!!

スーパーでは買う気になったことはないのに、この商店街に行ったら無性に食べたくなっちゃった。

そして、豚カツ!!!!

時間が経ってるのにサクサクなの!(゜-゜)大袈裟に聞こえるかもしれないけど、びっくりしちゃうくらい!

やっぱり、その道一筋で何十年もお店やっているからでしょうか。

それとも人の暖かさを私が感じたからかな?

美味しかったです!!(^^)



おわりに

商店街は大手スーパーに客を持って行かれている印象があります。

そんな私も普段、安さや、お手軽さに魅かれてスーパーに行ってる。

だけどもし商店街が近くにあったら、人の暖かさに触れながら買い物をしたいって思う。

人との出会いから”食”が既にはじまってるっておもしろくないですか??!♥

子どもたちが食育を学ぶのにもいいかも。

地域活性化

いろんな地方で、地域活性化がさけばれているように思う。

大阪は、そんなことないだろうと思っていたんだけど、実際、文の里商店街以外にも活気が無い商店街も多くあります。

それを若い方が、地域を盛り上げようと動いていたり・・・。

谷町6丁目なんて、おしゃれなcafeや雑貨店などがいっぱいで、散歩が楽しいスポットです!!

私が住みたい古民家もたくさんあるのが大阪。

それが壊されているのを見ると

ちょっとまって、もったいない!!!

って思ってしまう私だけど、時代の流れとか老朽化とか課題もいろいろあるのでしょうね。

 

レトロ感の良さをうまく残しながら、現代のものを取り入れて活気を取り戻すっていうのがいいのかもしれないなぁ。

大阪の街歩きは意外な一面が見えて楽しかったです(^^)

おわり。

♥勝手にオススメ記事

【感動!!】「人生フルーツ」90歳と87歳の夫婦が主人公の映画から生き方を学ぶ。
風と雑木林と建築家夫婦の物語「人生フルーツ」津端修一さん(90歳)と、英子さん(87歳)の夫婦の生き方を追ったドキュメンタリー映画を見てきました。 予告...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事下ダブルレンタングル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自己紹介

このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしに憧れ大分県竹田市に移住。現在地域おこし協力隊!

LGBTサポートチームココカラ!として大分県内で交流会をひらいたり講師もしてます。

シェアすると明日は唐揚げ食べれるかもね!

コメントを残す