夢や目標って必要?幼いころの夢から”やりたいこと”を見つける方法

こんにちは。オクユイカです。

夢ってありますか?

小さいころ、よく「将来の夢は?」って学校で書かされた気がします。

夢ってなくても全然いいんじゃないかなぁって思う。夢なくても生きていけるじゃん。

生きてるだけでもう、すごいことだと思うので。

だけど、個人的には、夢・・というより”やりたいこと”があったほうがい生きやすい!!

そうやって思うので、やりたいことを見つける方法を考えてみたいと思います。

 

幼いころ、なんとなく持っていた夢にヒントがある。

幼いころって夢ってありました?

なんとなくだったり、それが実現するかどうか考えずに自由に言ってませんでしたか??

自分の夢を振り返ってみるとコロッコロッ変わってました。

保育園時代の夢

ここらへんって、あんまり自分はこうだ!という意識が無かったように思います。

なので

友だちが、ケーキ屋さんになると言ったら、それを真似していたし。

お姫様になるといえば、お姫様になると言っていました。

周りに合わせる時期ってありますよね。

たとえば、一人がこんな絵をかくと・・・・

 

こんな現象が・・・

ちょっと、大袈裟だけど。笑

 

私が初めて、自分自身で、これになる!と思ったのが・・

 

 

 

トイレットペーパー。

なんだそれ。

って思われそうですが・・・というか自分でも思ってるけど、クルクル回って、最後には芯になり捨てられるって、そういう人生ってあっさりでいいなぁと思ってトイレットペーパーを見ていたのは確か。笑

だけど、当時保育園児だった私が、誰かに笑ってもらうことが目的の渾身のギャグだったんです。

 

全然ウケなかったが。

小学校時代の夢

少し大きくなった私の夢は、動物園の飼育係。

動物をお世話するのが好きだったので学校で飼っていたウサギとニワトリの飼育係によくなっていました。

拾ったネコをこっそり家の物置で育てていたり・・・。

まぁ、バレて父に捨てられちゃったけど(涙)。

画家になりたい時期があったりと、夢はなに?と聞かれるたびにかわってました。

小学校5年生の時に、母と友だち家族と宝塚を見に行き、すんごく嬉しそうに見ている母を見て・・・

私も宝塚に入る!!

と、夢が宝塚になったことも。

クラシックバレエを習わしてもらっていたので、この夢は結構長く続き、レッスンに熱が入りました。

中学時代の夢

ずっと、宝塚に入ることを目的にレッスンを受ける日々だったのですが、部活をしている友だちがうらやましい!!!

という訳で、バレエに影響がない程度なら・・・という約束で部活をすることに。

テニス部の友人がいたので、体験入部を1日だけしたところ・・・

ボールを一球だけ打たしてもらった瞬間に衝撃でした(゜-゜)

その日から・・・

寝ても覚めても、授業中もテニスのことばかり。テニスに恋をした!!って周りに言ってました。

それから、土下座してバレエをやめさせてもらい、テニス一直線。

小さいころから長かった髪も、はじめてベリーショートに!

目指せ!ウィンブルドン!、目指せインターハイ!って燃えてました。笑

でも、中学生くらいになると地に足がついた夢も出てきて、移動駄菓子屋をやりたい!とか総理大臣になりたい!とか思ってました。(・・・全然地に足がついてない・・?)

まずできることをしよ!って思って家から学校までも30分の間にゴミ拾いをしながら学校にいったりさ・・・

・・・家のゴミを持ち込むなって先生に怒られたので、すぐに終了。

先生は嫌いです。笑

中学生の時もコロコロ夢がかわってました。

 

高校時代

勉強もしたくないから高校も行かない。という時に、中学生のテニスの大会に出場。

その時に高校の監督にスカウトをされて、その学校に入ることに。勉強しなくて大好きなテニスができるなら!!と。

保育福祉科に入ったので、保育・介護・医療福祉のことも学びました。進学校じゃないんです。歯科助手の資格なんてのも高校の時に取得。

というか、高校3年生の時なんて歯の勉強や医療事務の勉強してたなぁ・・。

将来のこと全く考えずに、テニスのことしか考えてなかった。そんなテニスも色々あって嫌いになってしまい引退3か月前に自ら退部。

ペアだった友人は、そのまま実業団にはいりました。

私はというと進路を決める時に、困りました。だって5教科を勉強してこなかったから。

結局、人の役にたつことは好きだったから、介護福祉士の専門学校に行くことを決めて、介護福祉士を目指すことに。

作業療法士とか理学療法士が良かったのだけど、当時、学力が足りなかった(笑)。

 

夢ってなんだろう?

社会人になってから

その時疑問に感じたことを追い求めていったら、介護福祉士をやめてNPOで働いていたり、教員になったり、協力隊に行っていたり・・・

社会人になったら、そんな感じで済む場所も職もふらふらしているので、いつになったら落ち着くの?と身内にいわれます。

だけど仕事も嫌になって辞めたことも無くて、目的があって辞めています。

介護福祉士になることが”夢”って思ったことは今までで一度もなくて、教員が”夢”って思ったこともない。

青年海外協力隊が”夢”って思ったこともない・・。

どれもすべて目標を達成するための手段でした。

 

小さい頃は夢は”将来なりたい職業”を答えてたんだけど、夢って、職業じゃないと思うんですよね。

じゃー夢ってなんなの?!というと、

どんな気分を味わって生きていきたいか、どんな社会にしたいかとか、どう生きていきたいかという想いが先にあるものではないかと思う。

職業は、手段の一つでしかない。

手段を通じて、見えてくるものが”夢”なのではないかと思います。

人によって”夢”の概念が違うので、ただの持論だけどね!笑

 

夢より先に、”想い”を。

芸人である柳原可奈子さんの『熱く語る将来』という題名で書かれた小学校の時の卒業文集が、素晴らしいので載せておきます。

歌手・ピアノの先生、学校の先生と、色々夢を広げていったけど、やっぱり大好きなお笑いの道へ進みたいと思っています。

いつまでも、テレビや雑誌の前で笑っているだけじゃ、やっぱりつまらないです。

今、人気の芸人さんも、最初はとてもつらかったと思います。

いつかテレビで、お笑いコンビが、「ぼくたちが、始めてもらった給料の五百円、今でも大切に持っているんだ。」

と、ふうとうに入っている五百円を見せてくれました。

私はその時、心が熱くなりました。

大変だからこそ、やりがいがあるんだなと思いました。

でも、それを乗り越えることができたから、こんなに輝いて見えるのだと思って感動しました。

こうして私のお笑いだましいはさらに燃えあがりました。

私がお笑い芸人になったら、ただ、おもしろいだけじゃなくて、人を明るくできるようになりたいです。

おなかの底から笑って、イヤな事をス~ッと忘れさせてあげられる、そんな芸人さんになりたいです。

引用:感動話ストーリー集

 

これ、昔読んでから、柳原さんをテレビで見る見方が変わっちゃった。笑

柳原可奈子さんのこの文集を読むと、

”テレビや雑誌の前で笑っているだけじゃつまらないから、自分もその立場になって人を笑わせたい。”

”人を明るくできるような自分でいたい。”

そんな想いが先にあって、その想いを達成する手段が、お笑い芸人という職業なのではないでしょうか。

きっと、嫌なことがあった時に、お笑いを見て、お腹の底から笑って明るくなった経験があるんじゃないかなぁ・・・

 

その反面、小さいころからコロコロ変わってる私の過去の夢とやらを振り返ってみると

・母の喜ぶ姿が見たいから宝塚にはいりたい

・人の役に立ちたいから移動駄菓子屋(近所に駄菓子屋がなかった)

・人の役に立ちたいから総理大臣

・人の役に立ちたいから介護福祉士

そんな感じで、自分の根本にあるのは

人の役に立って、相手が嬉しそうにしている姿を見て、自分も幸せな気分を味わいたい。

というところだと思うし、それって社会人になってもずっと心にあります。

 

最近やっと、これが”夢”って呼んでいいのかも?って思うものが出てきたけど

それにもやっぱり、人の役に立って、相手が嬉しそうにしている姿を見て、自分も幸せな気分を味わいたいというのが結びついてる。

 

イチローさんや本田圭佑さん、柳原可奈子さんが小さいころから卒業文集に、将来の夢を細かく書いていたという話は有名ですが、そんな人はごく僅か!

人それぞれ自分自身のタイミングで見つけていけばいいのではないかなと思っています。

 

今、夢も目標もないのであれば、それでいいでしょ。

想いがなければ、無理に夢も目標も作れないし!笑

そう思います。

 

夢や目標が欲しい!という方へ

だけど、もし、夢や目標が欲しいのであれば、過去になんとなーく描いてきた夢から、どう生きたいか?どんな気持ちになりたいのか?など、自分の感情や想いを探ってみると、自分のことが見えてくるかもしれません。

そこに人生経験というものが加わって、やっと、思い続けられる夢や目標がみつかるのだと思っています。

それプラス、大事だなと思う二点を以下に書いておきます。

 

今を徹底的に楽しむこと

今、目の前のことを楽しむ。ということはすごく大事だと思っているので、意識しています。

仕事も、くだらないと思うことでも、全力でやってみないと面白さってわからないもん。

まず楽しんでやってみる・楽しむ工夫をするということを続けていたら、自然と目標とか自分がしたいと思うことがどんどん見つかる気がしています。

(※どーーーしても苦手なことを無理矢理するということは絶対しませんが。)

 

新しいことをやってみる

私が、福祉にどっぷりつかっている時に、ある人に言われました。

「もし、エジプトに行ったら、そこで天職が見つかるかもしれないでしょ?」と。

その方はネットワークビジネスの方だったので、信用はしていなかったけど、その考えは確かになって納得しました。

何か、新しい場所・新しいことをして見えたことが、目標や夢に繋がることもあるかもしれませんね♪

 

最後に

夢や将来って、大事だとは思うけど、全て今の延長線上にあるものだよね。

今を大事にすること、今を楽しむことが、一番大切。

私も、そうしていこうと思います!

自己実現にむかって進んでいる瞬間ってすごく楽しいんです。そんな想いが自分の中にあるので、一緒に進む仲間が増えると嬉しいなぁと思って、書きました。

ではでは。
記事が良かったらシェア、イイネ、はてブなどしていただけると励みになります!!

♥勝手にオススメ記事

絶対、携帯代払い過ぎ!!格安SIMを使って月1000円になった話。
こんにちは。おくゆいかです(@Saba0m).結構前から母が「携帯代が高いのよねぇ」とよく呟いていました。  いくらなん? 6000円~8000円くらいかなぁ・・・ うわ...
Amazonのおもしろグッズを使って、サラリーマンの1日を妄想してみたら・・・
こんにちは。オクユイカです。Amazonって知ってますか?はい、知ってます。 Amazonには変なグッズもたくさんある。たとえば・・・鼻型ソープディスペンサー ...

♥LGBTs関連記事
↓こちらをクリック

【恋愛日記vol.2】閲覧注意!サプライズしにいったらタオルで叩かれた話。
最初に書いておきますが、これは私と恋人のただの記録である。当たり前だけど、私と恋人はフツーに日常の中で生きています。「同性愛の人に出会ったことない」っていう...
このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしが憧れ。

レズビアン当事者として大分県内でちょこっと活動中。

コメントを残す