美容師に聞いた『髪型で失敗しない方法』美容室で思い通りの髪型になるコツ!




こんにちは。オクユイカ(@Saba0m)です。

あなたは自分の今の髪型は気に入ってますか?

  • 美容室を転々としている。
  • 思った通りの髪型にならなず失敗ばかり
  • お気に入りの美容師さんがいない

という方に読んもらいたい。

私は髪型を色々変えるのが趣味で、ロングにもするしベリーショート、クリンクリンのパーマ等々色々試しちゃいます。

自分の中にイメージはあるんですけど、実際に髪を切ってもらったら

「うわぁああ~こんなイメージじゃなかったのに・・・」って失敗することが多かった。

今回、そうならないための方法を信頼している美容師さんに聞いたのでシェア!!

予約前の段階から、実際に美容室に行ってからのオーダーのコツを書きます。

失敗しない髪型にならないための美容師さんの選び方

ホットペッパービューティーで口コミとスタイルをチェック

私の経験談なんですけど、ホットペッパービューティーで情報を集めだしてからは、ひどい失敗はなくなりました。

まずは、ホットペッパービューティーのサイトで気になる美容室を見つけたら口コミとスタイルをチェック。

口コミは実際に行った人の声を聞くため。

スタイルは、美容師さんのセンスが自分と合うかを調べるためです。

髪型だけでなく、どんな雰囲気の写真を掲載するのかな?まで含めてじっくり見ちゃいます。

しっかり相談にのってくれる美容師さんを。

自分の気に入る髪型にならずに美容室を転々としていた私ですが、ようやくいきつけの美容室ができました!

そこの美容室、カウンセリングが驚くくらい長いの!

「もー、早く切ってよー」って心の中で思っちゃうくらい。

しかも、”その髪型は似合わないとおもう”等の意見もズバズバはっきり言うから、最初の印象は正直マイナスでした。

でも、後になって話をしていたら「せっかく美容室にきてもらって、最後に髪型が気に入らないとかなってほしくない」との想いからということが判明。

で、しっかりカウンセリングをしたおかげで、美容室で大満足して帰ったんです!

それからここの美容室しか行けなくなりました。

今では自分のなりたい髪型&似合う髪型の提案をしてくれる大好きな美容師さんです。

美容師さん
今の美容師はみんな技術はあるんだよ。技術があるのは当たり前の時代だと僕は思ってる。

だから上手いかどうかというのはコミュニケーション力にかかってると思うんだよね。

美容師さん
イメージの擦り合わせが一番大事。

お客さんが思っている髪型のイメージと美容師の頭の中にあるイメージが食い違えばお客さんの満足する髪型は作れない

たしかにそうですよね・・・。そう思っているからこそカウンセリングがじっくりなんでしょうね。

1回目・2回目に行った時に色々プライベートな会話もしたからから、3回目に行った時のカウンセリング時には

美容師さん
うーん・・・。彼女さんはどんな髪型が好きなのかなぁ?男っぽくなりすぎるのは嫌なんだよね?

と、彼女がどんな私を求めているかまで考えてくれるほどに。

おく
彼女は気にしないで大丈夫です。笑 彼女に反対されても私はしたい髪型をつらぬきます!

って、伝えたけど。笑

あまり話していないのに「わかりました!」って自信満々に切ってくださる美容師さんもいます。

だけどその結果、気に入らないことが多かったんです。。

やっぱり、じっくり話ができる美容師さんのほうがいいですよ!

美容師さんの見た目だけで信用してはいけない

いつも男性の美容師さんに切ってもらうようにしています。

メンズ服が好きだから、好きな雰囲気の格好をしている人とかを指名します。オシャレな人とか見るの大好き!

でも、おしゃれな美容師=自分のイメージする髪型にしてくれる っていうのは違うのだと思いました。

なんでかというと、やっと出会えた思い通りの髪型にしてくれる美容師さんの服装はビジュアル系に近くて私が好きな服装とは少し違ったから。( ゚Д゚)

見た目で判断していたので、反省。

おしゃれな友だちが行っている美容室に行く!

一言で「おしゃれ」と言っても、人それぞれイメージが違います。

なので自分が「おしゃれな髪型をしている友だち」だと思う人と同じ美容室に行って担当も同じにしちゃえば間違いはないです。

これ、一番手っ取り早い方法だと思います。



美容師さんに自分のなりたい髪型を伝えるコツ

美容師さんに「どうしたら美容師さんに自分のしたい髪型が伝わるか」について質問してみたよ!

なりたい髪型の画像や切り抜きは1枚ではダメ

美容師さん
好きな髪型のパターンを三種類くらい見せてくれると嬉しいなぁ。

1枚だけみせて「こんな感じが好き」っていわれると、その写真の前髪の長さが好きなのか雰囲気が好きなのか、何処が好きなのかがわかりにくいけど、

3パターンくらい見せてもらえれば共通する部分(例えば3パターンとも前髪が短い等)が好きなんだなってことが見えてくるとのこと。

嫌いな髪型のパターンも伝える。

好きな髪型だけではなくて、どうしてもなりたくない嫌いな髪型も伝えましょう。

おく
平野ノラさんのようなバブリーな感じは苦手です。

なりたい髪型のイメージにあう服装で美容室に行く

美容師さん
ストリート系が好きなのかシック系が好きなのかによって髪型の好みも違うから、その人が来ている服もよく見ているよ~。

スラックスとかジャージとかパジャマで行ったらダメだよ!

美容室にいくから・・・と髪型をセットしないこともあるけれど、服装や髪型などにも気を配ったほうがよさそう。

うーん・・・気を付けよう・・・。

それでも髪型で失敗した時は

自分でヘアセットを変えてみる。

その美容師さんのヘアセットが気にいらなかったかもしれません。当日は失敗したって思っても、数日経ったら気にならなくなったという経験ありませんか?

切られてしまった髪は元に戻りませんが、自分でアレンジすると意外と馴染むこともありますよ。

やり直しをお願いする。

ほとんどの美容室では、一週間以内であれば追加料金なしでやり直しが可能です。

行きにくいかもしれないけれど、そう言ってくれるんだから遠慮は不要です!

ちなみに私は面倒くさいという理由で行ったことはありませんが。

まとめ

「美容師さんとのコミュニケーション次第で髪型がかわる。」

長い付き合いの美容師さんであればまだしも、初対面のお客さんとイメージの擦り合わせを行うって簡単なことじゃないですよね。

「思い通りの髪型にならなかった!」「失敗した!」は美容師さんの技術が問題なのではなく、コミュニケーションや伝え方に問題があったのかもしれません。

  • ホットペッパービューティーで口コミとスタイルをチェック
  • しっかり相談にのってくれる美容師さんを。
  • 美容師さんの見た目だけで信用してはいけない
  • おしゃれな友だちが行っている美容室に行く!
  • なりたい髪型の画像や切り抜きは3枚ほど準備
  • 嫌いな髪型のパターンも伝える
  • なりたい髪型のイメージにあう服装で美容室に行く

これらのことをすれば、思ったイメージにより近づくことができるはず。

まずは、伝える努力からですね。

ただ、これだけしても「相性」の合う合わないはあると思うので、そう感じた時は美容室の変え時なのかもしれません。

美容師さんって大変だけど楽しそう・・・。

以上、オクユイカ(@Saba0m)でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしに憧れ大分県竹田市に移住。現在地域おこし協力隊!

LGBTサポートチームココカラ!として大分県内で交流会をひらいたり講師もしてます。




記事がよかったらシェア!

コメントを残す