【いつの間にか嫌われた⁈】恋人にしてはいけないこと7か条を挙げてみる。

こんにちは。オクユイカです。
自分の反省も兼ねて、恋愛のことを書きたいとおもう。

恋人にしてはいけないこと7か条!!!

してはいけないことをしていると、気が付かないうちに、いつの間にか愛想をつかされていることがあるかもしれませんよ。

一緒にいるのに携帯ばかり見る

付き合って初々しかったあのころ・・・・携帯を見る時間が勿体ないくらいお互いを見つめ・・・・・

(1年後・・・)
一緒に居る時間が長くなればなるほど、お互いの前で携帯を使う場面が増えたというカップルも多いのではないでしょうか?

私の場合は、ニュースに見入ってネットサーフィンが始まったり、SNSを見始めてとまらなかったりが多いかな。

でね、それって必要なの?ってふと自分に質問してみると、

 

ああ・・・今は必要ないな。

って気が付く。

必要なことであればちゃんと時間を確保して携帯を使うって大事なのですが

今見つめている携帯の画面の先に、

寂しそうな恋人の姿がいるのにも関わらず気が付けなかったらアウトだぞ!!!

しなくていいネットサーフィンや惰性で見ているようなSNSは恋人の前ではやめたほうがいいです。

 

愛情を表現しなくなる

付き合って初々しかったあのころ・・・・

ミカンちゃん、すきだよ♥

とか、何回言うんや!ってくらい言っていました・・・・・

(1年後・・・)

好きだから一緒にいるんだから、そんなに毎回言わなくていっかぁ・・・・

 

家族のことも大好きなのに直接は好きって言えない。慣れが生じるとそれと同じ現象が恋人にもあらわれがち。

でも、恋人に直接”スキ“って言われて嫌な人はいないはず。

ちゃんと伝えるって大事ですよね。

というわけで、隣に居る恋人に言ってみました。

ねぇねぇ、好きだよ♥
恋人
・・・・はぁ??普段そんなこと言わないのにどうしたん?!

 

・・・怪しんでたけれど、顔が明るい顔になってたよ!!!(*´Д`)

うん、やっぱり言葉で伝えるって大事。

言葉でなくても、相手に伝わる形で愛情を表現したほうがいいですね。

 

恋人の過去を根掘り葉掘り聞く

大好きな恋人が一体どんな恋愛をしたのか聞きたいって思ったり、

この人、本当に大丈夫な人かなぁ・・・?と、若かりし頃は全部知りたくて聞いてましたね。

・・・重い女だ・・・。笑

だけど、恋愛の過去を聞くのはある程度にしたほうがいいですよ!

 

「あの時の恋愛は、楽しくって・・・」

「優しい人だった」

って知ったところでヤキモチ。

 

「ほんと、嫌な人と付き合っててさぁ!」

だなんて、敢えて気を遣って悪く言ったところで、「自分が好きだと思っていた相手をこんなに悪く言う人だったのかぁ」

という不信感に繋がったり、

私の大好きな人になんてことをしてくれたんだ!!

って過去の恋人への怒りになっちゃうんだから。結局はどういう答えでもマイナスな感情が生まれやすいってことです。

 

ちなみに、これまで、恋人の過去を聞いても、いい気分になることは一度もなかったよ。笑

敢えて関係が悪くなる可能性があることをしなくてもいいし、過去を聞かれるのを嫌がる人だって多いはず。

それでも、聞くのであれば、“いい気分になることはない!”という前提を置いて聞きましょう。

で、勝手に傷つくのはやめたほうがいい!笑

相手だって自分だって、これまでの恋愛で何かを学んで成長した上での”今の二人“だもんね。

今を大切にしましょう。

相手のプライベートにも入りたがる

相手のことが大好きすぎて、気になっちゃうのもわかります。

だけど、恋人も自分自身も、これまで築いてきた人間関係があるし、お互いに大事にしている過ごし方やペースだってありますよね。
恋人は恋人。自分は自分だということを忘れたらいけないってよく思います。

 

でね、相手が何をどこでどうしているのかすごく気になる時って、自分に予定がない時のような気がするんですよ。

気になって相手のプライベートに入ってしまうよりは、考える時間もないくらい忙しくしてみたり、

夢中になれる趣味を見つけてみたりする方がよっぽどお互いにとっていいと思ってます!!

スポンサードリンク



自分の話ばかりする

・・・今の恋人相手だとマシンガントークがとまらないオクユイカです。。。

(恋人以外の方とお話する時は相手の話もちゃんと聞いてます。)

恋人に対しては、会った瞬間から

今日、〇〇があったんだよ!

 

昨日ね、○○があってね・・・・

 

これが、めっちゃおもしろいの!!

 

 

恋人
へぇ、そんなんだね、よか・・・
そういえばね!!!道頓堀でね!!!!

もうね、聞いてほしいことが沢山で止まらなくなっちゃうの。笑

すごく基本的なことですが、相手の話を聞くということは“あなたに興味がある”というメッセージも含んでいるんです。

だから、相手の話もちゃんと聞きましょうね!
(耳が痛い、耳が痛い)

私みたいになったらだめですよ←

相手への違和感を一人で抱え込む

外国の人と一緒に居たり、宇宙人と一緒に過ごしたら(?)すぐに気が付くのが

習慣の違いや文化の違いです。

だけど、例え同じ日本人であっても、生きてきた環境も育てられた人だって違います。

つまり、違う習慣・文化を持っていることと同じなんです。

一緒に住んだりすると、習慣等の違いが見えやすくなりますよね。

 

一緒に過ごす中で感じる違和感を、一人で抱え込んでストレスになっていつか爆発よりは

思ったことはちゃんと伝えていったほうが誤解も招かないし、いいなぁって思うんです。

相手に自分の価値観を押し付けるのではなく、お互いが許容できる、ほどよいポイントを見つけることが大事ですよね。

 

その時に気を付けたいのが伝え方です。

 

関西人の恋人はその点がとても上手です。思ったことを爽やかに伝える術を持ってるんです。

 

恋人
ちょっと!!ミカンの話も聞いてやっっ!!笑

 

恋人
いっこも、話し聞いてくれへんやん!!笑

伝えることははっきり言っているのに、悪い雰囲気には全くならないんです。

良い意味で、お笑いコンビのようなサラッとしたやりとりができたらいいのかもしれないですね。言う側も、言われる側も♪
お互いの意識が大事ですね。

恋愛を長続きさせるコツは ”右から左へ受け流す技術” と ”冗談力”が大事だと気づいた。
今の恋人と過ごしていて思うことがあります。あれ??ケンカしない・・・・。私が協力隊に行っている間の遠距離恋愛中は、会えないことが原因でごくたまに喧嘩すること...

 

永遠なんてないよ。

まるで、冷たい言葉のように聞こえちゃうかもしれないけれど、

どんなことにも“永遠”なんてないし、“ずっと・・・”だなんてのもないんです。

 

だからこそ、人は、どう生きようか悩んだりするんだと思うの。永遠があれば「いつかやればいい」で時間が進むのも怖くないはず。

恋愛も一緒だと思っていて、終わりがあるということを意識するからこそ相手を大事にできます。

だけれど、どんな形であれ終わりがあるんだ っていうことは忘れないで、恋人を大切にしましょう。

いつ相手がいなくなるかも、病気になるかも、先に亡くなるかもわからない。

永遠なんてなんです。

おまけ

だからと言って、過去の私のように

「この先もずっと、一緒にいようね」

って言われた時に

うーん、先のことってわからないから

 

だなんて言って相手を泣かしてしまうことのないようにしてくださいね。

思ったことを言わないのもいけないですが、

すべてをバカ正直に話して相手を傷つけるのもやめたほうがいいよ!!(´◉◞౪◟◉)

 

以上、

恋人にしてはいけないこと7か条
1、一緒にいるのに携帯ばかり見る
2、愛情を表現しなくなる
3、恋人の過去を根掘り葉掘り聞く
4、相手のプライベートにも入りたがる
5、自分の話ばかりする
6、思ったことを言わない
7、すべてをバカ正直に話す

でした。
オクユイカも反省をいかし、これからもがんばります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしが憧れ。

レズビアン当事者として大分県内でちょこっと活動中。

コメントを残す