遠距離恋愛を長続きさせる5つの秘訣

こんにちは。おくゆいか(@saba0m)です。

私を苦しめた遠距離恋愛について書きたいと思います。誰かの役に立てばうれしいです。

「愛があれば大丈夫だ!!!」と、思っているかもしれませんが、実際は、遠距離恋愛を育むには色々な工夫が必要ですよ!!

特に、私のようなセクシャルマイノリティの方は、ネットがきっかけで恋に落ちた・・・

たまたま出向いた遠くのイベントで恋に落ちた・・・という方も多く、その結果、遠距離恋愛の比率も高いと思います。

遠距離で失敗してお別れをしたこともありますが、今はマレーシアー大阪の海をまたいだ遠距離恋愛にも関わらずうまくいってるんですよ!

経験者は語る・・・ということで書いていきたいと思います。遠距離恋愛が難しい理由

1、「会いたいのに会えない!」という気持ちがストレスになる。

大好きな人との遠恋。会いたいのに会えないって結構キツイんですよねぇ・・。

会えない期間が長くなるほど、そんな気持ち自体がどんどんストレスになってしまいます。

そして溜まったストレスが心を疲れさせてしまうんです。

 

2、気持ちを共有しあうことが難しい。

例えば、遠距離でない場合。同じものを食べて「おいしいね」といったり、一緒に過ごして「こうやっていると落ち着くね」「楽しいね」なんていうやりとりができるわけです。

ですが、遠距離恋愛だと、こんな些細なやりとりをすることすら難しいです。

私はこれをしたくて、恋人に「一緒にオンラインゲームをしようよ!」と提案したことがありますが、あっけなく却下されたことがあります。

一緒の場面を見て「今の相手強かったわー!やばいよね!(‘Д’)」とかしてみたかった。

同じ物を見て、気持ちを共有する・・・二人の思い出が増える・・・そんなことをしながら愛って育っていくものだと思うのですが、それができないとキツイ!!!

 

3、恋人が何をしているのか気になりすぎて、干渉や詮索をしすぎてしまう。

浮気していないかな?私のこと忘れていないかな?そんな気持ちのまま行動していると、恋人が束縛されていると感じてしまう可能性もあります。

相手を息苦しくさせていませんか?”少し”の積み重ねが、遠距離だと別れのきっかけにもなるので注意です。

 

4、他の恋人が羨ましくなる。

例えば、友人カップルがInstagramで「今日は彼氏と一緒にお祭りにいってきたよ♥」というコメントとともに写真をアップ。

いつもなら、楽しそうで素敵!だなんて返信ができるかもしれませんが、遠距離で苦しい時は

「私も恋人らしいことしたい!」という気持ちが強まってしまい、それが続いた結果、近くにいる素敵な人に魅かれていた

・・・・なんてことになるかもしれません。

 

5、会うのにお金と時間がかかる。

距離が遠くなればなるほど、お金も時間もかかりますね・・・

ちなみに、私が協力隊で活動していたマレーシアと日本との距離は5000キロ。飛行機で7時間ほどです。

会うのにも大変!!

遠距離ってやっぱり難しいです!会えなければ会えないほど、難しくなります。

ちなみに、こんな法則があるのをご存じでしょうか。

ボッサードの法則

出典遠距離恋愛 – Wikipedia

アメリカの心理学者ボッサードが発見した法則で、「男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離は狭まる」というものである。婚約中のカップル5000組を調査したところ33パーセントが半径5ブロック以内に住んでいた。

2人の距離が離れているほど結婚に辿り着く確率は低かったという。
逆に言えば、遠距離恋愛は成就しにくいことを示すものである

。この法則を打ち破るには、頻繁に連絡をとる等して互いの心理的距離が遠くならないようにすることが必要である。

1ブロック=交差点から交差点まで

ほらみてみ!!!

心理学者のボッサ―ドさんも言ってる!難しいって言ってる!!!

 

・・・さて、遠距離恋愛が難しいということが分かったところで、次に進みます。

スポンサードリンク



 

遠距離恋愛を続かせる秘訣

1、適度な連絡をかかさないこと

恋人が何をしているのかがわからないと不安になるものです。

特に休みの日。「今日は○○にいくよ(^^)」という連絡を入れたり、今みている景色を写真で送ったり・・そんな思いやりが必要です。

 

2、気持ちを言葉で表現すること

「私(俺)の気持ちわかってよ!!」と、相手が気が付くまで待つ・・・なんてことをしていると気が付いてくれない相手にイライラ→喧嘩 に発展なんてことも。

もし目の前に恋人がいたら、ちょっとした表情で相手の気持ちを汲み取ったり、”疲れてるんだなぁ”と気が付くこともできるのですが、それができなくなるのです。

そのため遠距離恋愛は”言葉のやりとり”が重要になります。電話やメールでしか表現方法がないのです。

重くならない程度に、しっかりと自分の気持ちを伝えたり、相手を気遣う言葉がけをしましょう。

私も相手を気遣う言葉がけをどんどんしなければ・・(反省。笑)

 

3、相手を信頼すること

「なにしてるの?」「今どこにいるの?」「誰といるの!?」「なんでそんな遅くまで外にいるの??」

そんな質問ばかりになっていないでしょうか。

いつもこんな質問を続けると、疑われていると感じたり、束縛されていると感じてしまいます。

逆に、信頼されているなと感じると、相手のことを大事にしよう!と思う気持ちが強くなりますよ!笑

ちなみに私はそのタイプです(きいてない)

 

4、次に会える日を決めておく

次のデートがいつなのかがわかると、「今度ここいきたい!」「一緒に過ごせるの楽しみだね♡」なんていう会話に花が咲きます。

何よりも、次に会える日が決まっていることによって、その日までがんばろう!と思えるもの。

二人で進める目標を作るといいかも(^^)

 

5、片方だけでなく、お互いが努力する。

遠距離で会おうと思うと、お金も時間もかかります。

いつも片方だけがお金を出して時間もかけて会いにいっていたら・・・? いずれ、不満が出てきます。

いくら相手が「大丈夫だよ(^^)」と言っていても、それに甘えすぎたらダメです。

できる限り平等にお金も時間も負担し、二人で乗り越えていくことが大切です。

 

まとめ

遠距離恋愛でも、近距離恋愛でも、こうやって改めて書いてみると大切にすることって同じですね・・・

遠距離をしているカップル。

あなたたちはすごい!!!

私も恋人と「私たち、すごいことしてるんだよね、色々あって当然だね」って話し合うことがあります。

一緒に過ごせる日を想像しながら、無理しすぎず、恋人と乗り越えてくださいね(^^)

以上、オクユイカでした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

好きなように生きているアラサーです。旅が好きでバイクで日本一周したことも。

田舎暮らしが憧れ。

ブログはお役立ち情報やオピニオン記事が中心の雑記ブログです♪♪

レズビアン当事者として大分県内で講演等もしています。

コメントを残す