青年海外協力隊

イスラム教徒に「お祈りって無駄じゃない?」って尋ねた結果。

2017/02/09

こんにちは。おくです。

青年海外協力隊の活動もあと一か月で終わり!というところまできました。

私が活動していたマレーシアはココです。↓

えっと、みにくいですね。日本から飛行機で7時間ほどのところです。

 

マレーシアといえば(?)イスラム教!!

イスラム文化にどっぷりつかった二年間。

 

イスラムの女性は、頭にトドンというものを巻いています。

家族以外には、髪の毛を見せてはいけないとのこと。

女性は皮膚をできる限り出さない服装をしています。

 

何故か・・・・?

 

信頼している同僚に聞いてみました。

 

答えは・・・

 

少しでも、男性が触れると、そこから

 

「オ、オ、オレは・・・もっと触りたいんだ!!!!」

 

と、なってしまうからだそうです。(犯罪防止)

 

さらに、

 

「ねぇねぇ、一日5回もお祈りするのって、時間の無駄って思ってしまうんだけど・・・」

 

と、なんとも失礼な質問をしてみました。

絆があるからこそですね!笑

 

その答えは・・・?

 

「お祈りが無かったら、欲とか、日頃の小さい出来事とか、自分中心に物事を考えてしまう。でも、お祈りの時間は世界のことを考えるのよ。」

 

おおおお、なるほど。

色々なことを質問しても、なんでも答える同僚。

そして気がついたこと

 

これは・・・・

日本で売られているスピリチュアル系の本と全く同じじゃないか!!!!

そして、欲に対してものすごく制限をする印象をうけます。

 

勢いにのった私はなんでもききますよ。

 

 

「ねぇ、なんで、同性愛禁止なの??」

 

よく聞いたぞ私!!(そうです私はレズビアン)

 

 

同僚は、こういいました。

 

「わからないわ」

 

まとめ

 

「わからないわ」

 

家族との時間を大事にし、仕事をする時間も短いマレーシア。

心のゆとりの持ち方は、とても勉強になります。

青年海外協力隊は、現地の方の生活にどっぷり入りこみます。だからこそ、気づくことが沢山ありました(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

-青年海外協力隊