オンライン英会話を実際にやってみた。注意点とおすすめポイント。




こんにちは。オクユイカです。

過去に書いた記事がきっかけで

「オンライン英会話ってどんな風なの?」と先日質問をされました。

なので今日はオンライン英会話について。

たぶん、私の語彙力が足りず、文字だけでは伝えられなかったので実際にオンライン英会話を受けて記事を書こうと思います。

私は元々三日坊主。

19歳くらいの頃

おく
感じを書けない大人になりたくないから漢字ドリルを1日1時間しよう!

と決めて開始するも見事に三日目に断念。笑

そんな私でも意地でもレッスンやめないぞ!と、続けれたのがオンライン英会話でした。

オンライン英会話を開始する前の私のTOEICは200点前半・・・・。

これは中学英語からやりなおさなきゃいけないレベルです。苦笑

この点数だと青年海外協力隊にも行けなかったんですよね。

 

ですが、最終的には440点で協力隊にも無事合格。(440点でもぜんぜーんなんだけどね)

オンライン英会話+英語アプリ で楽しく学べたおかげだと思うんですよね。

英語を話したい!だけど留学なんていけないし・・・という方はオンライン英会話を本気でおすすめです。

中学生や高校生も、授業と並行してオンライン英会話をするとかなり伸びると思う!

オンライン英会話を続けたら英語が話せるようになるのか。

オンライン英会話を絶対におすすめする!と言っておきながら真逆のことを書きますが、オンライン英会話だけではダメだと思います。

ただし、英語を話すというハードルはグッと下がるよ!

学校教育の場だと、「〇」か「×」かしかないから、日本人って、間違った英語は話したら恥ずかしい。という意識を持っていると思います。

だけど、オンライン英会話は完全に実践。

間違えるのが嫌だからと言って相手の人と会話しないわけにはいきません。

わからないながらも必死で単語を繋げて話してみたり、相

手が言っていることをゆっくり話してもらったりする中での「わかった!」という経験をつむことで

英語を話すことへの抵抗が無くなっていきます。

 

オンライン英会話が安い理由

オンライン英会話の魅力の一つが、値段が安いこと。

1か月毎日25分話しても5000円~6000円程。 マンツーマンの値段です。

英会話教室に通っていたことがあるのですが、週1回で1万円しましたし、集団だったので質問も遠慮してできずって感じでした。

オンライン英会話の講師はフィリピン人がほとんどなので人件費が安いんです。

また、スカイプさえあれば受講することができるので教室維持費も不要。

もちろんオフィスがあるオンライン英会話スクールもあるのですが、人気講師になると自宅でのレッスンが認められているとのことでした。

実際にオンライン英会話をしてみました。

オンライン英会話に必要なのはスカイプ。

ネット(wifi)に繋がったパソコンやスマホ、タブレットで受講が可能です。

登録からレッスン予約まで

ここからは、実際にオンライン英会話をした時のこと。以前はぐんぐん英会話を使ってたんですけど、今回はレアジョブの無料体験レッスンを受講。

レアジョブは老舗。ぐんぐん英会話の先生もこっそりレアジョブの教材を使っている人もいました。笑

25分×2回のレッスンが無料。

 

無料会員登録では名前・アドレス・パスワードを入力。

登録が済んだらプロフィールを入力。

自己申告制の英会話レベルチェックもありました。

おく
自己申告制って中々難しいよね。ちょっと控えめにチェックをいれとこーっ。

レベルチェックが終わったら、レッスンの日を選びます。

おく
ぐんぐん英会話もそうだったけど、レアジョブも朝6時~24時半までやってる…

時間を選びレッスンの予約完了!!

無料体験の講師は勝手にマッチしてくれるようです。

私が過去にオンライン英会話をしている時の一つの楽しみが、講師のプロフィール等を見て、自分で講師を選ぶことだったから、これは少し残念。


レッスン受講日まで

レッスン受講日までの間に、レアジョブからちょくちょく英語学習に関するメールが届いていました。

 

実際のレッスン

カメラはつけなくても大丈夫なのですが、私は基本はカメラオン。スッピンでも(笑)

たぶん、全く英語を使って話したことが無い方は、講師の言っていることがほぼわからないのではないかと思います。

私の数年前がそうでした。

その場合は、スカイプのチャットボックスにわからなかった単語や質問を打ってもらってもらいましょう。

それをgoogle翻訳などに入力して日本語に変換。

最初の内はそんなんでいいんじゃないかなと思います。

レッスン終了前に、今日の会話の中で私が間違えていた部分を訂正したものをスカイプのチャットボックスに入力してくれてました。

また、後ほど送られてくるレッスンレポートも同様のもの。

Welcome to RareJob! Yuika-san,

THANK YOU SO MUCH for having your first trial lesson with me! c”)

I. Vocabulary
a. what can i call you? -what name can i call you.

II. Grammar
a. Yuika-san said: I like guitar but not good.
Correct: I like playing the guitar but I’m not good at it.

b. Yuika-san said: I need study English.
Correct: I need to study English.

III. Pronunciation
Good job in pronouncing words.

Learn with us, we are very much willing to help you soar high with your English skill.

Thank you for doing your best!

Let’s have a lesson again next time and Have a wonderful day! (^.^)

めちゃくちゃ基本的な間違いをしてるよねーーー。発音は褒められたみたい。

ちょっと探してみたら、YOUTUBEにレッスンの様子の動画があがっていました。

まさに、このまんまですよ。

レッスン終了後の感想。

オンライン英会話は3年以上ぶりだったんだけど、やっぱり楽しかったです。

とはいえ、オンライン英会話を開始してすぐの時は、講師の方が言っていることがわからなかったので苦痛な時期もあったんです(^_^;)

少しずつ会話が成り立つことで楽しくなっていきましたが。

オンライン英会話をきっかけに

オンライン英語をすれば英語が話せるようになると思っている人は要注意。

オンライン英会話は、きっかけづくりと実践会話の場です。

画面を通して英語を話す人が前にいるとね、講師の方ともっとコミュニケーションをとりたいと思うようになります。

そうなると、単語を学習するモチベーションも高くなります。単語がわからず伝えられないって悔しいです。

目的がわからない中で勉強するよりは英語を学ぶモチベーションがあがるはず!

(英会話の上達の近道は、”英語が母国語の恋人をつくること”って聞いたことがあるけど、本当にそうだとおもうの)

オンライン英会話は英語学習の向き合い方を変えるきっかけをくれる場になるのではないかなと思います(^^)

「オンライン英会話→自分の課題がみえてくる→学習をする→オンライン英会話で実践」

この流れができるようなるのが理想ですよね~。これができていたら私の英語力はもっとぐんと伸びていただろうなっていう今更ながらの反省です(笑)

ま、オンライン英会話に興味があるかたは深く考えすぎずに、まずは気軽に試してみるとよいと思います!

無料お試しができるのは本当にありがたいです。

以上、オクユイカでしたm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしに憧れ大分県竹田市に移住。現在地域おこし協力隊!

LGBTサポートチームココカラ!として大分県内で交流会をひらいたり講師もしてます。




記事がよかったらシェア!

コメントを残す