格安ホテルの前にAirbnbで宿を探すことをおすすめする【Airbnbのメリット・デメリット&選び方】

こんにちは。オクユイカです。

Airbnbってご存知でしょうか。

読み方は、Airbnb(エアビーアンドビー)です。

Airbnbとは

簡単に説明すると、現地の家をホテル代わりに予約するようなもの。(説明が簡単すぎた・・・)

民泊ですね、民泊。

Airbnbは民泊仲介サービスを行っていて、家や場所を貸したい人がホストとして登録。家や場所を借りたい人が検索してその家や場所を探すことができます。

ホストと一緒に時間を楽しむ民泊のスタイルもあれば、ホストとは全く会わずに部屋のみをお借りするスタイル等、様々です。

新しい旅のスタイルとして世界中に広まっているAirbnb。

日本では、旅館営業法や建築基準法等の現在の法律を満たしていないという声もありますが、宿泊するだけで言えば、今のところなにも問題ないと思っています。

私も3回、Airbnbを利用したので、Airbnbのメリット・デメリットを含めて書きたいと思います!

 

Airbnbに泊まってみた!

三回目となるAirbnbを利用しての宿泊。場所は沖縄。

一人旅が好きな私ですが、今回は恋人と一緒。

初めはホテルで探そうと思ったのですが、素敵なホテルだと値段が張ります。かといって妥協すると、ランクが下がる・・・。

マレーシアと日本の遠距離恋愛をしていた時に、私達が会う場所は、マレーシアのクアラルンプール。

クアラルンプールだと2人で1万5000円くらい払えば、めちゃくちゃ広い豪華なホテルに泊まることができるんですよね。

悪い意味でそれに慣れてしまった私たちは、中途半端なホテルに泊まってもきっと感動することはありません(^_^;)

なので、Airbnbでの宿泊に挑戦してみることにしたんです。

・高くても良いから綺麗な場所

・有名ホテルよりは安い場所

・恋人が笑顔で居られる場所(重要)

この3点を基準にお部屋探しをしました。

実際に泊まった部屋はこんな感じ!

予約が完了すると、Airbnbを通してホストの方から連絡が来ます。チェックインの時間を決めたり、お部屋の使い方等の案内があります。

ホストと直接会わない場合、鍵はどうするの??というところですが、こんなキーボックスが設置されているので暗証番号を教えてもらって鍵をもらいます。

 

オーシャンビューの綺麗なマンションでした!!

(せっかくの沖縄なのにカメラを忘れたので、綺麗にとれなくてごめんなさい)

リビング。

洗面台はこんな感じ。タオルもバスタオルも綺麗なのが置いてありました。ちょこっと私が映っちゃった。

まだ新しいマンションだったので、お風呂場もピカピカで広かったです!!一応、シャンプー等を持参しましたが、備え付けられていたシャンプーやリンスがとても良い香だったので、そちらを使用しました。

洗濯機や乾燥機も備え付けられているので、それも使用させていただきましたm(__)m

ベットルームはダブルベット。そして予備の布団が3組ありました(^^)

 

キッチンで料理も可能です。キッチンがあると本当に便利!

私たちは、マンゴーとスナックパインを購入して、お皿に盛りつけて、夜にゆったり話しながら過ごしました♪

有名なダイビングスポットである真栄田岬の徒歩圏内だったので、綺麗な海までも歩いてすぐ。

ちょっと曇っていたのですが朝、散歩して海まで♪

お部屋ではゆっくり過ごせたし、広さも綺麗さも大満足!!!

二泊三日で、1人当たり8000円程。

(土日や祝日等、時期によって値段に差があるので要注意です。)

食事はついていませんが、近くの沖縄料理を満喫し、朝は朝カフェを楽しみました(^^)

ハプニングも有り

総合的には大満足!!ですが、ちょっとしたハプニングもありました。

一日目の夜、寝室のエアコンからポタッと水が落ちる音が・・・。エアコンを止めたら止まるかな?と思ったけど、中々泊まらなかったので、ホストの方に連絡し、違う部屋で寝ました。

次の日に、直せる者を探してまた連絡するとのことでしたが、夜まで連絡が来ず・・・。寝る前に来られるのもなぁという話になり、こちらから「もう今日は大丈夫です」と連絡をして、再度連絡がとれるようになりました。

あとはね、梅雨時期だったこともあり、夜中の豪雨と雷で、その地域全体が停電に!!笑

私は面白がっていましたが、恋人は怖かったようです。

 

というわけで、Airbnbのメリット・デメリットを書きたいと思います。

スポンサードリンク



Airbnbのメリット

安く宿泊できる

ビジネスホテルだと安くても1人5000円ほど。都会だったらもっと高くなります。

日本のホテルや宿では、一人当たりの値段で表示されます。

Airbnbでは、一部屋当たりの値段での表示が中心です。

なので、人数で割ると安くなる場合がほとんど!!

ゲストハウスも登録されてので宿を探しやすい

ゲストハウスの運営者がAirbnbにも登録していることが多いので、ホテル以外の宿を探しやすいです。

値段の比較もしやすい!!

現地の方との交流も可能

現地の方・オーナーさんと会いたくない!というかたは、一軒まるごと借りるということが可能ですし、オーナーに会わずに済む方法で部屋を借りることができます。

地元の方との交流を楽しみたいという方は、そのような形式でホストをされているかたを探しましょう。

現地ならではのアクティビティを提供されている体験ホストもいるので、それを使ってみてもおもしろいかも(^^)

 

Airbnbのデメリット

部屋の不具合にすぐ対応してもらえない場合が多い

ホストが同じ家に居るor近くに住んでいる場合を除き、部屋の故障があった場合にすぐに駆けつけることは難しいかもしれません。

ホテルでは、部屋からコールしたらすぐにスタッフさんがみてくれますが、そのようなサービスはありません。

民泊なんだから、”そういうもんだ!”と思うのがコツ。笑

物件によって当たりはずれが大きい

レビューが良かったとしても、それだけを信じてしまうと、ガックリしてしまう可能性も。。

日本に旅行に行ったマレーシアの友だちが「日本は綺麗!トイレだって寝られるくらいきれいなんだ!!」

って言っていました。

ここで気を付けたいのが、「綺麗」の判断基準が違うということ。

海外の方にとっての「綺麗!!」が、日本人にとっては「髪の毛も落ちてるし・・汚い」になる可能性もあります。

日本人同士でも判断基準って違いますもんね(^_^;)

神経質の方は、旅先でストレスを溜めないためにも、ホテルでの宿泊をおすすめします。

 

失敗しない民泊の選び方

レビューは必ず目を通す。

海外の方の価値観と日本人の価値観が違うのでレビューが全てだって思ってしまうのもどうかと思いますが、

やっぱり大事にしたいのはレビュー!

レビューの件数が多くて、評価も多いホストは安心できます。

まだレビューが付いていないホストさんも多くいますが、私は避けるようにしています。

 

自分一人で泊まるのであれば、正直なところ、体を真っすぐに伸ばせる寝床があれば問題ないで。

ただ、誰かと一緒に泊まる!とかだと、宿選びに失敗したくないのでちょっと慎重になるんですよね。(^_^;)

 

交通の便はよいか。

いくら安くても、交通費代が高ければ意味がありません。

最寄駅がどこか、どれくらい時間がかかるかを、googleマップ等で調べることをおすすめします。

沖縄を観光する場合はレンタカーが必須!レンタカー代は割とどこも安いです。

沖縄以外の場所でのレンタカーならニコニコレンタカーが安いのでおすすめ。

安くレンタカーを借りるたった1つの方法【これさえ知っておけば節約できる!】

2017.05.01

 

ペット可物件は避ける。

評価も良い場所だったのですが、たまたま掃除をしていなかったのでしょうか・・・。

動物の毛がたくさん!!という場所に宿泊したことがあります。

そんなことがあったので、ペット可はできる限り避けようと思っています。

まとめ

総合的に見てみても、Airbnbでの民泊、私は好きです。

ネットカフェでも問題なく寝られる雑草のような私とは対照的に、恋人は上品な方。

だから、実際に予約した部屋を目で見るまでは、めちゃくちゃ心配してたんですけど、今回は、値段のことやロケーションのことを考えてもかなりよかったのではないかと。

ネットカフェ、ゲストハウス、ビジネスホテル等・・・・これまでの選択肢の中に、Airbnbの民泊を追加してみてはいかがでしょうか。

 

同性の恋人、ミカンちゃんとの話し一覧

このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者
IMG_5199  おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。<詳しい自己紹介はこちら

コメントを残す