【最新まとめ!】発達障害児・者支援をしたい方~資格と費用~

こんにちはオクユイカです。

今日は発達障がいのある方の支援をしたい方向けの記事です。

発達障がい児・者支援に関する仕事や資格をまとめてみたので、読んでいただけると嬉しいです(^^)

 

教育の場で働く

先生として関わる

小学校・特別支援学校には支援に必要なお子さんが必ずいます。

現場で教員として働くためには、教員免許を取得した後に教員採用試験に合格することで晴れて教諭として学校で働くことができます。

ただし、教員採用試験に合格していなくても、県の教育委員会に登録することで

講師”として働くことができます

 

講師とは、期限を付して採用される非正規雇用の教員。

実際多くの先生が”講師”という立場で現場に立っています。

 

仕事内容は教諭と同じです。

待遇は自治体によって異なりますが、教員を目指している方は講師という立場から関わってもいいかもしれませんね。

どちらにせよ、資格があることが必須です。

費用

教員資格を取得するには、短大、4年制大学の免許取得ができる学科に通う必要があります。

大学4年間の総額

・国立で約250万円。

・私立文系で400万円弱。

・私立理系550万円。

やっぱり大学は高い!!と思われる方は通信制大学がおすすめです。

私は通信制大学で、小学校教諭免許1種、特別支援学校教諭1種の資格を取得しました。

通信制大学の費用等は以下の記事を参照にしてください。

通信制大学を卒業した私が思う、通信制で学ぶ4つのメリットとデメリット
こんにちは。オクユイカです。今日は、通信制の大学のことを書きたいと思います。<通信制の大学で学ぼうかどうか迷っている方向けです> 介護福祉士の専門学校に...

 

特別支援教育支援員として関わる

こちらも学校現場での勤務になりますが、資格は不要です。

そのため、資格取得のための費用もゼロということになります。

給与についても自治体によって異なります。

例えば、29年度4月現在、東京都台東区の募集を見ると、

一日6時間勤務で日額6,060円でした。

募集も各自治体で行われますが、常に募集があるわけではないのでこまめにチェックするか、直接自治体にたずねてみる方がよいかもしれません。

 

特別支援教育支援員の仕事内容

以下、文部科学省「特別支援教育支援員を活用するために」の引用です。

① 基本的生活習慣確立のための日常生活上の介助

・自分で食べることが難しい児童生徒の食事の介助をする。また、必要に応じて身支度 の手伝い、食べこぼしの始末をする。

・衣服の着脱の介助を行う。一人でできる部分は見守り、完全にできないところもできるだけ自分の力で行うよう励ます。

・授業場所を離れられない教員の代わりに排泄の介助を行う。排泄を失敗した場合、児 童生徒の気持ちを考慮しながら後始末をする。

② 発達障害の児童生徒に対する学習支援

・教室を飛び出して行く児童生徒に対して、安全確保や居場所の確認を行う。

・読み取りに困難を示す児童生徒に対して黒板の読み上げを行う。

・書くことに困難を示す児童生徒に対してテストの代筆などを行う。

・聞くことに困難を示す児童生徒に対して教員の話を繰り返して聞かせる。

・学用品など自分の持ち物の把握が困難な児童生徒に対して整理場所を教える等の介助 を行う。

③ 学習活動、教室間移動等における介助

・ 車いすの児童生徒が、学習の場所を移動する際に、必要に応じて車いすを押す。

・車いすの乗り降りを介助する。

・教員の指導補助として、制作、調理、自由遊びなどの補助を行う。

④ 児童生徒の健康・安全確保関係

・視覚障害のある児童生徒の場合、体育の授業や図工、家庭科の実技を伴う場面(特にカッ ターナイフや包丁、火などを使う場面)で介助に入り、安全面の確保を行う。

・教師と他の子どもが活動している間、てんかんの発作が頻繁に起こるような児童生徒 を把握する。

・他者への攻撃や自傷などの危険な行動の防止等の安全に配慮する。

⑤ 運動会(体育大会)、学習発表会、修学旅行等の学校行事における介助

・視覚障害のある児童生徒に対し、運動会で長距離走のとき、一本のひもをお互いに持っ て同じペースで走って進行方向を示したり、学習発表会では舞台の袖に待機し、舞台 から落ちないように見守る。

・修学旅行や宿泊訓練の時、慣れていない場所での移動や乗り物への乗降を介助する。

⑥ 周囲の児童生徒の障害理解促進

・支援を必要とする児童生徒に対する、友達としてできる支援や適切な接し方を、担任 と協力しながら周囲の児童生徒に伝える。

・支援を必要とする児童生徒に適切な接し方をしている児童生徒の様子を見かけたら、 その場の状況に応じて賞賛する。

・支援を必要とする児童生徒の得意なことや苦手なこと、理解しにくい行動を取ってし まう理由などを、周囲の児童生徒が理解しやすいように伝える。

資格は必要ないとのことですが、この内容を理解して支援するためには、

基本的な支援・介護に関する知識があるほうがよいですね。

現場で働きながら学ぶというのが一番身になるような気がします!(^^

 

放課後等デイサービスで働く

放課後等デイサービスとは、障害のあるお子さん(小学生・中学生・高校生)が学校の授業後や長期休暇中に通うことのできるデイサービスのこと。

これまでは資格が不要だったのですが、多くの民間業者が参入した結果、サービスの質の低下が課題になっています。

そのため厚生労働省は、2017年1月に事業所における職員配置基準を

「置くべき従業者を児童指導員、保育士又は障害福祉サービス経験者とし、そのうちの半数以上を児童指導員又は保育士としなければならない」

と厳格化する方向性を示しました。

”指導員”であれば2017年4月の現在は資格は必要ありませんが

”児童指導員”になるのであれば以下の経験や学歴が必要です。

・精神保健福祉士や社会福祉士の資格を取得

・大学や大学院で教育で、社会福祉学・心理学・教育学若しくは社会学を学んだ者

・地方厚生局長等指定の児童福祉施設職員養成学校を卒業した者

・児童福祉施設での実務経験がある者(高校を卒業している方は2年以上、それ以外(例えば中卒)は3年以上)

参照:児童指導員及び指導員の資格要件等

 

仕事内容

事業所によって様々です。遊ぶことに重きを置いている事業所もあれば、療育的な内容を中心に行っている事業所もあります。

学校にお迎え

一緒に遊ぶ(療育)

おやつ

宿題をみたり遊んだり

家に送る。

という感じ。さらっと書いてしまうと、遊んでるだけ?と思われてしまいそうですが

一緒に遊ぶにしても、おやつを食べるにしても支援が必要なお子さんなので、傍で寄り添いながら関わります。

 

スポンサードリンク



心理職として働く

臨床心理士

臨床心理士とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、心理面の問題にアプローチして、それを解決する方向へ導きだす心の専門家です。

当然、発達障がいのある方との関わりもあります。

心理関連の資格は色々ありますが、一番社会的にも認めらている資格だと言えます。

臨床心理士になるには

・指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者

・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者

・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者

・医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者  など

 

費用

国立大学院、私立大学院、通信制等によって値段は変わりますが

大学の費用プラス

国立であれば150万、私立だとしたらその倍ほどかかってしまいます。

金銭的にも期間的にもハードルが高い資格かもしれません。

 

ですが、心理の資格としては社会的にも一番信頼度が高い資格なので、

専門職として働きたい!という方にはおすすめです。

以下のサイトに詳しく書いてあったので、参考にしてみてください。

社会人になってから臨床臨床心理士資格を取得するまでにかかる費用と期間

 

臨床発達心理士

臨床心理士と名前が似ていますが、別の資格です。

臨床発達心理士は主に発達心理学がベース。

特に幼児期を中心とした発達障害に関するエキスパート資格です。

教員の方がスキルアップのために取得したり、臨床心理士の方が、臨床発達心理士の資格もプラスでとることが多いようです。

 

臨床発達心理士になるには

臨床心理士のように、必ずしも大学院卒でなければいけないという訳ではありません。

 

申請タイプには【基本タイプ】と【現職者タイプ】にわかれており、例を挙げると

・発達心理学隣接諸科学の大学院修士課程在学生または修了後臨床経験が3年未満(基本タイプ)

・臨床経験を3年以上かつ、所定の大学・大学院を卒業している

・大学などで臨床発達心理士の養成または臨床発達心理学の研究をしている

等々、条件があります。

申請タイプによって、試験内容も変わります。

 

基本タイプ であれば
【一次審査】書類審査、筆記審査、実習・事例報告書審査。
【二次審査】口述審査

それ意外は
【一次審査】書類・事例報告書:申請者の提出書類および事例報告書の審査。
【二次審査】口述:臨床発達心理士としての資質に関する20分程度の口述審査。

 

詳しくは臨床心理士認定運営機構の公式HPの申請条件を参考にしてくださいね。

 

費用

資格を取得するための講習会費等も必要ですが、

どのような申請タイプで資格を取得するかによって、講習を受ける回数も異るので、それに伴い費用も異なります。

共通して言えるのは

認定審査料は、32,400円だということ。

公式HPだけ見るとどの申請タイプなのかわかりにくい部分があるので以下の本を購入することをおすすめします。

 

 

私が持っているのは第2版・・・もう新しいのが出ていますね・・・。

 

知識やスキルを高めたい

特別支援教育士〔S.E.N.S〕

特別支援教育士はLD・ADHDのお子さんのアセスメントおよび、個別の指導計画の立案実施ができる人材です。

学校内で児童生徒や教師をトータルに支援できる心理と教育の専門資格。

これ単体で働けるというのではなく、既に子どもたちと関わって働いている方がスキルアップや仕事の幅を広げるために取得するという感じ。

 

特別支援教育士になるには

①一般社団法人日本LD学会の正会員であること

②LD・ADHD等の関連職種に所定の時間以上従事していること等が条件で、

その上に、

③本協会が主催する養成セミナーを受講して、規定のポイントを修得することが求められます。

受講しただけではなく、受講後の小テストにて基準を満たした方のみポイントが交付されます。

 

費用

【S.E.N.S養成セミナー受講登録料(3年間分)/ 再登録料(3年間分)】

10,000円/10,000円

【特別支援教育士養成セミナー 参加費】

140,000円
(講座  1日(2ポイント):7,000円×15日間)

(指導実習 3日間(6ポイント):40,000円)

【資格認定審査料】

10,000円

【S.E.N.S登録料(5年間分】

20,000円

【S.E.N.Sの会会費(5年間分)】

10,000円

合計:190,000円

 

興味がある方は公式サイトにて詳細をご覧ください。

公式HP:特別支援教育士資格認定協会

 

 

自閉症スペクトラム支援士

こちらも、単体で働くというよりは既に現場で働いている方が支援力をつける・更に学ぶため という意味合いが強い気がします。

自閉症スペクトラム児者への支援の専門家の育成のために発足した資格です。

 

自閉症スペクトラム支援士になるには

日本自閉症スペクトラム学会の会員(個人会員)で、以下ののいずれかを満たしている必要があります。

① 学校(幼・小・中・高・大・専修学校等)の教員

② 公的な児童相談機関の職員(非常勤職員を含む)

③ 保育所や児童福祉施設の職員(保育士、指導員、各種専門職員(非常勤職員を含む)

④ 日本自閉症スペクトラム学会が指定する民間の自閉症指導機関の職員(非常勤職員を含む)

⑤その他、自閉症に関連する医療機関(医師、看護士、理学療法士、言語聴覚士等)やその他の自閉症に関連する職種に従事する者、および従事していた者

⑥学校心理士・臨床心理士・臨床発達心理士等の関連資格を有する者

⑦大学・大学院の学生等で、現在、自閉症スペクトラム支援士(EXPERT)の資格を有するスーパーバイザーの指導の下に自閉症の臨床・研究に携わっている者

⑧その他、認定資格があると学会が認めた者

レベル別に、

自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)

自閉症スペクトラム支援士(ADVANCED)

自閉症スペクトラム支援士(EXPERT)

とわかれていますが、この記事では、自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)を取得するという前提で書きたいと思います。

こちらも特別支援教育士と同じく、講座を受けて一定のポイント(STANDARDであれば9ポイント)を取得する必要があります。

そして研究大会への参加も必要です。

その後、修了試験をうけ、合格することができれば、資格申請・登録をすることができます。

 

費用

会員と非会員で費用が異なりますが、ここでは非会員の場合のおおよその費用を書いています。

【講座受講費(9ポイント分)】

15,500円

【研究大会参加費】

7,000円

【修了試験受講料】

5,000円

【申請費用】

4,0000円

(申請料: 10,000円)
(登録料: 30,000円)

 合計:67,500円

 

 

まとめ

いかがでしたか?

支援が必要なお子さんに関わる仕事って、学校、地域、療育現場、医療等 様々。

興味がある方は、まず現場を見てみると良いかもしれませんね(^^)

かいご畑という求人サイトで放課後等デイサービス等の求人が載っていたので、まず現場を!というかたは探してみてはどうでしょうか。

無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒介護専門求人サイトかいご畑

 

知識だけを詰め込んでも活用できなければ役に立たないし、逆に経験だけで進んでも間違った支援をしてしまうことになるかと思います。

すごく気をつけたいなぁと思っている部分です。

私も経験と知識のバランスを大切に、よりよい支援ができるようになりたいなと思っています。

日々、精進ですね!!

 

以下の記事に保育・介護に関する求人サイトについて書かせていただきました。

【厳選】保育&介護の転職・求人サイト!人の役に立つ仕事をしたい人におすすめ
こんにちは。おくゆいかです。人と直接かかわる介護や福祉の仕事が大好きです。なぜかというと、単純に、こんな私でも人の役にたてるんだなぁ。ありがたいなぁと思える...

♥勝手にオススメ記事

【自信がない人におすすめ】無料長所診断やったら自信をもらえたのでやってみてほしい

このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者
IMG_5199  おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。<詳しい自己紹介はこちら

コメントを残す