お金は汚い?素敵なお金の使い方ができるようになる方法。

こんにちは。オクユイカです。

さっき、恋人がこんな本を「読んでみて」と渡してくれました。

松浦弥太郎さんの「新しいお金術」という本。

 

というのも、私が先日、ブログ収入について考えた記事を書いた時に、「ブログ収益を挙げるために必要な事」の一つとして

”お金に対してのイメージを変えたい“ということを書いたから。

もともと私自身がお金に対してのイメージが悪い。

高齢者・知的に障害のある方が、詐欺の被害になってお金をだまし取られるというニュースをよく見ちゃうこともあるので、

”お金に狂った人たちが人を傷つけるんだ”

みたいなことを心のどこかで思っているんですよね、きっと。

 

 

何かを立ち上げるのにはお金は必須なのにもかかわらず、どうしてもイメージを変えられなかった私は、バリ島の大富豪に会いにいったりして、

「お金に対してのイメージを変えることが大切」

「お金を好きだと思わないとお金は逃げていく」

 

そんなことを少しずつですが学びながら、イメージを変えてきたのですが

まだ・・・不十分なようでそんな感情が残っているように思えたんです。

 

松浦弥太郎さんの書く文章って押しつけがましくなくてスーっと心にとどく表現方法をされているんですよね。

本って、理論を並べている本・感覚的に書かれている本等があるとおもうのですが、感覚的に学ぶ方が好きな私にはよかったなぁと思える本でした。

そして、お金の使い方、お金との向き合い方が下手なので、それを変えるために

この本に書かれていた“あること”を実践することにしました・・・・。

真面目に書いたのにふざけた感じになってます。

・・・だけど真面目に書いたのよ( ˘•ω•˘ )!!

スポンサードリンク



お金を”お金さん“と呼ぶこと。

「お金を好きだと思わないとお金は逃げていく」

そんなことをなんとなく頭では理解していても、表面だけへつらって「好き」だなんて言えません。

弥太郎さんは「お金」を大切におもう気持ちを込めて「さん」づけすることを提案してました。

なるほどなぁ・・・と思いつつも、自分なりにもっとわかりやすくするために、更に擬人化することにしました。

よし!おカネさんの絵を描こう。

うーん・・・・これではダメです。

 

お金さんに良いイメージを持つためにはかわいいイメージにしなきゃ!!

よし、これで行こう。

 

お金さんを大切な友だちや家族のように扱うこと

お金に関する本を読んだことがある方は、

 

・札束の向きを揃えましょう

・財布の中は常に綺麗な状態にしておきましょう

・・・・本に書かれている文章を見たことがあるかもしれません。

 

私もむかーし読んだことがあるんですけど、「うわー、面倒くさいからいいや」って思って実践したことは一度もありません。

 

だってね、それをしたところで一体何の意味があるのかみえてこないって思っていたのが本音だもんっ。

 

でも、”お金さんを、大切な友だちや家族のように扱う”ということを書かれていたので

それはわかりやすいかもって思って

現在「お金さん」にしている扱いを、大切な恋人であるミカンちゃんに置き換えてみたいと思います。

 

・お札の向きがそろってない。

足を向け合いながらなんてかわいそう・・・。

 

・財布の中がパンパン状態

ミカンちゃんにおこられそう。。

 

汚い財布であれば

恋人
こんなきったないところに入れんといてや!!本当に大事におもってるん?!?

って言われそうだし・・・。

ひどい扱いをしていることが明らかです。いつか去られてしまうかもしれません。

 

それを常々お金さんにしているのだから、お金に好かれないし離れられても仕方が無い。

 

人間関係を築くときて苦手意識を持っていると相手に伝わりますよね。

物には一般的には感情が無いと思われていますが、もしもお金さんに感情があったら・・・

 

私が「お金ってあんまり必要ないわぁ~」ってどこかで思っているのもお見通しされてるでしょうね・・・・。

 

お金に対して抵抗があれば、いつまでもお金さんと友だちになれません。

弥太郎さんの本に

毎朝、お金さんに「ありがとう」と言う。いつもお金さんが気分よく過ごせるように気遣いましょう。ていねいに接しましょう。

 

お札の向きを揃えましょう等の言葉は、普段からのお金への意識を変えていきましょう。

という意味だったということ、やっと腑に落ちました。

 

お金さんが喜ぶ使い方をすること。

さて、お金さんと仲良くなるには、お金さんが喜ぶことをすることが一番!!

弥太郎さんは、「お金さんが喜ぶ使い方」をすることをすすめています。

人は、自分を喜ばせてくれる人を好きになります。誰もが、大切にしてくれる人のそばにいたいと思います。

お金さんもこれは同じで、自分を喜ばせ、大切にしてくれる人のところに集まってきます。

 

そんな部分を読んだ後に喉が渇いてコンビニにいきました。

いつも私がコンビニを使った時に購入するものは

・飲みたいわけではないけど他のより安かったから買う

・コーラ!

のどちらかなのですが、ここで考えこんだ・・・。

“飲みたいわけでもないものとお金さんを交換することは、お金さんは喜ぶの?”

“飲みすぎて体によくないものとお金さんを交換して、お金さんは悲しむかな?”

そんなことを一通り考え終わった時には、何も考えずに手に取ったコーラを元の位置にもどし

かわりに、こんなん買っていました。

ちょっと、誇らしげな気持ちになりました。

で、「あ、お金さんのおかげで、美味しくジュースがのめているんだなぁ」って思いながら飲んだからより美味しかった!!笑

お金を使う時は、”おかねさん”を想像しながら使い方を考えるようになったら、

今までの使い方を一旦見直すようになりました。

安けりゃいい!から卒業できるかしら。笑

 

素敵なお金の使い方をできるようになってかっこよくなりたい

ここまで書いて「お金とか別にいらないし・・・」なんて言えません(笑)

ありがたくいただいたものは、お金さんが喜ぶような素敵な使い方をこれからしたいと思いました。

・自分自身が喜ぶ使い方

・他の誰かに喜んでもらえるような使い方

・社会が喜ぶ使い方

していきたいとおもいます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしが憧れ。

レズビアン当事者として大分県内でちょこっと活動中。