心が和む。クスッと笑える本二冊!!【大人に刺さる園児の名言&僕の隣で勝手に幸せになってください】

こんにちは。オクユイカです。

本って色々な種類があるのですが、私が自分で購入する本は、知識を得たりするための本やノンフィクションばかりで、エッセイや小説等はあまり読みません。

だけど、以前、友人からある本をプレゼントしてもらったんです。

それがエッセイ本のようなもので、心が和んだんですよね。

最近、心が和んでクスっと笑える本にまた出会ったので、その本含め二冊を紹介したいとおもいます。

 

大人に刺さる園児の名言

たまたまコンビニで見かけて、思わず、「おもしろ~い!」と口に出してしまった本。

子どもたちが心のままに発した272の言葉を一冊にまとめた本です。

少しだけ中身を書くと・・・

「母ちゃんが作ったのおいし~い。おしりが落ちる~~」(4才・男・太玖翔)

おしりが落ちちゃうなんて、かわいい表現♥!

歯磨きをするときに歯磨き粉をつけるのを嫌がっていた息子に、「歯磨き粉をつけると歯が真っ白ピカピカになるんだよ」というと、泣きはじめたので「どうしたの?なんで泣くの?」と聞くと

「ママと同じ黄色がいいよ~~」

(3才・男・カズキ)

純粋な気持ちを、こうやってそのまま表現できるっていいなぁ~。

私と息子は誕生日が同じなのですが、「今年のお母さんと暁の誕生日、なにしようか」と言ったところ、

「え?!またいっしょなの?前も同じだったけど」

こればかりは、ずっと一緒なんだよ・・・。

(5才・男・暁)

「ぶつけたか、クレヨンか」

脚に青あざがあったので、「ここどうしたの?」と聞いたら返ってきた言葉。

こんなかわいらしい言葉がたくさんつまってます!!

クスッて笑ってしまうことばだけではありません。

パパとケンカしたママが、息子さんに相談した時に息子さんから返ってきた言葉に「そうだよなぁ~」と頷いてしまったり・・・。

本のタイトル通り、心に刺さる名言であったり・・・

子どものそのままの感性ってすごい!!って思わせてくれる一冊です。

スポンサードリンク



僕の隣で勝手に幸せになってください:蒼井ブルー

蒼井ブルーさんは有名な方なのでご存じの方も多いかもしれませんね。

本業はカメラマンさんで、きゃりーぱみゅぱみゅさんともお仕事をされたりしている方のようで、Twitterでの呟きがおもしろい!と有名になられた方。

友だちからプレゼントされた本が「僕の隣で勝手に幸せになってください」という本だったんだけど、まだ協力隊の活動中で日々、気を張っていた時にベットの上で読んで、心と身体の力がふっと抜けるような感覚になりました(^^)

本の中から少し・・・

長く付き合うんだったら朝ごはんを楽しく過ごせる人がいい。

言葉少なでも大丈夫な人がいい。

 

弱った時ほど会いたくなるから弱るタイミングが違う人がいい。

救ってもらえそうだし救ってあげられそう。

支え合ってる感がちょっとうれしかったり。いいな。

こんな風に、本の内容も、蒼井ブルーさんの呟きでつくられています。

本の中に、「おにぎり」という題名でシリーズ化のように書かれたものがあるんですけど、私はこれが大好き!笑

美少女モデルが「ワキ処理の甘さで死んだ子を何人も見てきたからね」と言って、僕はおにぎりを落とした。

 

美少女モデルが「あーあ、あたしも男の子に生まれたかったな。だってほら男の子ってさ、もっと声出せよ?とか言ってドヤ顔してくるじゃん?

アレなんなの。自衛隊?」と言って、僕はおにぎりを落とした。

最後が「僕はおにぎりを落とした」で締めくくられている呟き。この言葉だけで、情景がうかんできますよね。笑

続きが気になる方は是非本を読んでみてください(^^)

蒼井ブルーさんのTwitterもおもしろいですよ。

疲れた時やクスッと笑いたいときにサラッと読める二冊の本の紹介でした♪

誰かのプレゼントにもおすすめ!!

このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者
IMG_5199  おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。<詳しい自己紹介はこちら

コメントを残す