【同性恋愛日記 vol6】母と恋人が初対面 in ユニバーサルスタジオジャパン

ついに、母と、恋人が初対面をしました。。。。

場所はまさかの

USJ

今日はその時の話。

とてもとても幸せな一日の記録として残しておこうとおもう。

 

理解しなければ・・・という母の苦悩

親へのカミングアウトをした時に、あっさり受け入れてもらえる場合もあれば、理解しあえない場合もある。

ブログでも何回か書いたけれど、私と母の場合は、私が同性が好きだということを理解してもらえるのに、10年間程、時間がかかりました。

私は、「わかってよ!!」の押しつけをしていたし、母も理解したいけれどできない という葛藤があった。

母には申し訳ないと思いつつ、どうしても理解をしてほしかった私はしつこくその話を出していて、年月をかけて、お互いを理解していきました。

けれど、私の恋人に会うということに対しては

「あいたくないわぁ・・・」という言葉が。

母がすごく悩んできたのも知っていた私は”そうやって思うのは仕方ないんだろうな・・・って思うようになってた。

これが数年前の話。

それが今回・・・・

 

大阪に旅行にくる母と会うことに。

若いころ、大阪に住んでいた母。

「あなたが大阪に居る時じゃないと、もう行くことはないだろうから」

ということで、大阪に旅行に来てくることになった。

 

 

USJに行きたい!ハリーポッターいきたい

 

という、元気な母。

大阪人の恋人にお世話になっているという話は母にしていたこともあったので、

大阪にくるなら一緒に恋人とお茶でもどう?とダメ元で尋ねたら、なんと「いいよ~」という返答!!!

 

で、なぜか

 

ミカンちゃん(恋人)も一緒にUSJに行けばいいじゃない

と。

 

ゆいか
え、USJ・・・待ち時間長いし初対面で何時間も一緒に待つとか・・・。

さすがに、それはキツイ・・・・。

というわけで・・・

ゆいか
一緒にランチかお茶でいいんじゃない??

と提案。

すると

ははは!!あなたが気まずいんでしょ~(笑)

 

と・・・。

(バレてるじゃん。見透かされてるやん・・・)

 

そんな経緯があり、USJで会うことになりました。笑

 

超緊張していた恋人と、あっさりな母。

USJの前日、私と母は宝塚歌劇団を観劇しにいきました。15年前、まだ私が小学生だったころによく一緒に宝塚に観劇にいっていたんです。

 

その日のミカンちゃんはというと・・

みかん
明日、お母さまに会う服がないねん!!もう一回買い物行って服さがしてくる!!(涙)

恋人側からしたら緊張するよねぇ・・・(^_^;)

 

そんな感じでむかえた当日。

母のホテルにお迎えにいって初対面。

緊張するミカンちゃんや私のドキドキをよそに、母はいつも通りでした。

自然すぎて・・・びっくり。

私たちが緊張しないように、そうしてくれてたんだと思う。

 

初めてのUSJ!!

母も私もはじめてのUSJです。

テーマパークは好きだとは言えない私ですが、めちゃくちゃ楽しかったです(゜-゜)

せっかく行くのだから、待たずに満喫したいという母の想いがあったので、エクスプレスパスも事前に購入してました♪

値段はかかるけれど、遠方から来る方などにはエクスプレスパスがお勧めです!!

決められたアトラクションが待たずに乗れるんです。

2~3時間待ちの人気アトラクションに並ばずに乗れたし、パレードも見れたし・・・かなり満喫できました。

 

もう一生乗ることはないから、明日はおもいっきり遊ぶの!!

 

と、宣言していた母。

その言葉通り、有名どころのアトラクションは全て乗りました。

絶叫系アトラクションのハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは前向きに進むのと後ろ向きに進むという二つのコースがあるんだけど、それも両方。

私は絶叫が好きじゃない・・・・だけど、乗ってみると楽しかった。

怖さのあまり最初は目をつぶって叫んでいたのだけど

”あれ、景色みないともったいないじゃん!”

と思ったのでちゃんと目をあけた。

更に、せっかく乗ったんだから、手を離さないと勿体ないじゃん!と思ったので、ちゃんと手も挙げました。

そして、怖いと思うから怖いんだ・・・・

と思った私は、空を飛ぶ鳥をイメージしながらのることにしました。


これ、やってみてください。

全身の力を抜いてみるんです。

力が入りそうになるので自分との勝負ですよ!!いかに、空を飛ぶ鳥になりきるかが大事です。

 

さて・・・

心臓がフワッってなるのが好きと言っていた母とは反対に、心臓がフワッてなるのが大嫌いなミカンちゃんは絶叫系には乗らずに、私と母の写真を撮ってくれました!


アトラクションの合間、ご飯の時、歩いている時などなど、仕事の話しをしたり、私と恋人のなれそめ等を聞かれたり・・・

たくさん話もできた。

 

シュレックにも会えたよーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

私がいないところでも母とミカンちゃんは二人で話をしていて、嬉しくなりました。

 

(だめだ・・・顔を隠すとあまり楽しさが伝わらない・・・・・)

スポンサードリンク





こんな幸せな日がくるなんて思ってもみなかった。

夜ご飯は、和食に。

母がごちそうしてくださいましたm(__)m

 

この時にこんな会話があった。

この子、生活が不規則なのよねぇ

 

恋人
そうなんですよーーっ!!

 

私は夜、ちょっと電気ついてたりすると寝れないのよね。この子、私が寝た後にリビングで勉強しはじめるから一緒に生活できないわぁ(笑)

 

恋人
めっちゃわかります~。私も少し電気がついてたりすると気になるんです!

 

と、私のダメなところを沢山知っている二人が、困り顔で見合ってそんな会話をしてた。

この会話がね、私はとても嬉しかったんです。

 

私のダメなところを知っている人が二人いる!!!!

って。笑

もうこんな歳なんだけど、それでもやっぱり嬉し恥ずかしい気分になった。

 

不規則な生活は・・・今後ちょっと見直そうと思います(笑)

 

気まずい雰囲気がなかったのは、母が自然体だったからと、恋人がいろいろと気を遣ってくれたからだと思う。

あとは・・・

 

タイミング。

母も色々な感情があっての”今”の母。

 

大好きな母と、大好きな恋人とこんな風に一緒に楽しく過ごす日がくるだなんて、思ってもみなかった・・・。

 

時間はかかったけれど、今が、私たちのタイミングだったのかもしれない。

母、本当にありがとう。

 

この感動を文字で伝えきれてない気がしてくやしい!!!本当に嬉しかったんです!!笑

叫びたいくらい!!

 

うぎゃぁぁあああーーー

ぐわぁぁぁぁぁぁーー

ーーーーーーーっっっ!!!!!

 

 

 

”歳をとったわぁ”

”もう、テーマパークにはくるのは最後かなぁ”

そんな発言をする母に寂しさを感じながらも、過ぎた年月を感じた。

いやいやいや!!80歳くらいになっても絶叫マシーンになるくらいのおばあちゃんになってくれなきゃこまる!!!(笑)

 

 

”私の大好な家族の輪の中に、恋人が一緒に居て、笑いあっている”

という私の一つの夢が叶う日が、いずれ、くるかもしれない

そんな希望が持てる最高の日になりました。

母にも恋人にも感謝、感謝の一日でした!
記事が良かったらシェア、イイネ、はてブなどしていただけると励みになります!!

♥勝手にオススメ記事

【自信がない人におすすめ】噂の無料長所診断やったら自信をもらえた

【レズビアンの彼女 vol5】大人って、大人の皮をかぶった子どもだ!

このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしが憧れ。

レズビアン当事者として大分県内でちょこっと活動中。

コメントを残す