【移住・旅行前に知っておきたい!】マレーシアの不思議な事情。

ここがへんだよ、日本人!!

ではなく、ここがへんだよマレーシア!!

ということで、マレーシアに二年間住んで初めて知ったことを書いていきたいと思います。

実は、マレーシアは長年、移住したい国No1にも選ばれている国なのです。

東南アジアのほぼ中心に位置するマレーシアは、とびきりのリゾートライフを送ることができる美しいビーチが自慢の島々や、 国土の約60%を覆う熱帯雨林のジャングル地帯、伝説の島と呼ばれているランカウイなど多くの自然美が広がる一方で、

近代的な建築物が並ぶ首都のクアラ・ルンプールや、世界遺産の街としても知られているマラッカなど、 地域によって光景が一変するユニークな国です。

また、治安も安定しており大きな凶悪事件の発生も少ない事から、 観光や移住を目的とした日本人が年間およそ39万人も訪れています。  引用:海外移住.com

 

んん!ちょっと待って。治安が良いと言っても、タクシーぼったくりは当たり前だし、スリも誘拐もあるし、、、

私のiPhoneが盗まれたのは口が開いていたからだ
海外旅行に行くときに、一番心配なのは防犯対策!や、怖いですよね!知らない国に行くの。私も昔は怖かった( ゚Д゚)日本とは環境や言葉が違う中での旅は、防犯対策が欠か...

 

だけど、リスクばっかり怖れていたら何もできません。その反面にある楽しさが沢山ある国。

東南アジアはちょっと怖い・・・という方が最初に行く国としては一番おすすめです。私が過去、東南アジアを一人旅した時は、カンボジア→ベトナム→マレーシアのコースにしたのですが、最後に行ったマレーシアは天国かと思ったくらいです。

では、移住する方の心構えになる記事になれば・・・と思って書いていきます!

 

商品がいい加減

学校で使おうと風船を購入した後のこと。

ふくらましている途中で、パンッ!!

 

ふくらましている途中で、パンッ!!!!

 

ふくらましている途中で、パンッッッッ!!!!

 

結局、すべてダメでした。風船遊びを期待している子どもたちに申し訳なくなりました。。。。

安いからといって、中国製品を買うと、全然使えないことがあるので注意です。

 

これは、マレーシアの方もわかっていること。マレーシア人が信頼しているのは、日本製なんですよね。

物だけではなく、衣類も同じで、日本より高い値段のユニクロも人気です!

街の中を歩いていると

どこかの、クラスTシャツや〇〇高校と書かれたジャンバー。どこのリサイクルショップから持ってきたんだろう・・・

こんな日本語が書かれているというだけで良い物と思われている節があります。

日本人が見たら明らかに変な日本語を中国製品に書いて”ジャパニーズのお店”としている店舗も。

 

トイレが汚い

トイレが汚い!

大きなショッピングモールはきれいなことが多いのですが、そうじゃない場所だと行きたくなくて我慢することもあります。

びしょびしょなんですよね・・・床が・・・・。

そこで、住んで最初のころ、マレーシアの友人に聞いたことがあります。

ゆいか
なんでマレーシアのトイレってこんなにびしゃびしゃなの?
友人
え、トイレに行ったら洗うでしょ。
ゆいか
洗うの?え、普通は拭くでしょ
ゆいか
拭かないなんて汚いじゃん
友人
洗わない方がきたないでしょ。笑

 

洗わない方が汚いという言葉に、どうも納得してしまった私です。

何回かブログにも書いたことがありますが、イスラムの方はお祈りをする前に体をお清め(水で)するんですよね。神の前では清潔に!という意識があって。

トイレの中がびしょびしょなのも、マレーシア人的には

使ったら水で綺麗にしてやってるんだゾっ!!!の意識。

(※イスラム教ではない中華系の方が多く住んでいる地域にはティッシュが備えてあるトイレも多い)

未だに謎なのが、水で流した後、拭かないということろ・・・どのように自然乾燥しているのか不思議でたまらない。

そして、手を使って水でバシャバシャ直接洗うためか、洗面台にある手洗いソープの匂いが強いです。

肌が弱い方は注意!!私は使うと手が荒れてました。

 

祝日・休日が多すぎる。

まず、これを見ていただきたい。

引用:malaysia tercinta

黄色が、祝日。

ピンクが、州ごとの休み。

水色・・・・学校休み。

一般的には土曜日もお休み。

(州によっては、金曜・土曜がお休みで日曜が一週間の最初の一日だったりもする)

やすみすぎでしょーーーーーーーー!!!!!

特に学校なんてねぇ。。日本と違って生徒の休みは教員も休みです。給料は一カ月分ちゃんと出ます。笑

移住したい方、マレーシアの会社に入ったらゆったりライフを送れるかもしれません。

 

初対面でもびっくりする質問

私の活動は色々な学校を巡回していたので、初めましての場面がものすごくありました。

しかし、質問されることは同じようなことばかり。

マレーシア人
給料はいくら??

 

マレーシア人
子どもは何人?

 

マレーシア人
え、結婚してないの!?早く結婚しなさい。

 

マレーシア人
家賃いくら?
マレーシア人
そのパソコンいくらだったの?

一番はお金のこと。

これ、すごく聞いてきます。

マレーシア人にとって、お金の質問を聞くのは普通のこと。

最初はびっくりしたのですがそれに慣れてしまった私は、日本に帰ってきてからもお金のことを話しに出していいのかどうかが、わからなくなってしまっています。

お金のことを質問するのって、失礼なんだったっけ・・・・。感覚を思い出せないので失礼な発言があっても許してください。笑

 

時間にルーズ。

待ち合わせ時間ぴったりに集合してというのが難しいです。

友人
誕生日パーティーは14時からだからね!おくれないできてね!!
ゆいか
わかった!!

 

誕生日パーティー当日。

ゆいか
Selamat Petang!!(こんにちは!)ちゃんときたよーーー!!

 

友人
え、すごいわね!時間通りなんて!さすが日本人!笑 

 

結局、開始は15時半くらい。

仕事関係でも、1時間開始が遅れるというのは珍しくありません。開始が遅れても連絡がないので、困っていました。

そして、遅刻しても誰も怒らないから、遅刻しても大丈夫なんだっていう安心感があり、それがさらに遅刻者を増やしています。笑

いい意味で考えると、時間の使い方が贅沢なんでしょうねぇ。

私はこの緩さが好きです。

日本含む企業が、利益目的でマレーシアに入ってきて、この時間の緩さが無くなるのだとしたら、寂しいなぁと思っています。

 

店員さんいい加減

日本のサービスが過剰です。良い面でもありますが、その結果、働きすぎで辛くなっている人も多い気も多い。

マレーシアは?というと・・・・

ゆいか
〇〇のシャンプーってどこにあるんですか?
no name
え、わからないけど。

・・・・・。

他の店員さんに聞いてくれないのかなぁと最初は期待してましたが、自分で探すか、店員を探して聞きまくるかのどっちかです。

優しい店員さんも中にはいるので、イライラするよりその人を探すのが早いですよ!

日本ではある、お客様満足度アンケートなんてものをマレーシアでは一回も見たことがありません。

 

甘い。

飲み物が、甘いです。

なので、飲み物を頼むときは、

“kurang manis”(クラン マニス = 甘さ、控えめ)

と伝えましょう。

そうやって伝えても甘いくらいなのに

それを言わないと

底にたっくさん砂糖がたまった飲み物がでてきます。

甘い、辛い、脂っこい!!

三拍子そろったマレー料理です。日本人に合う味付けなので美味しいのですが、ずっと住んでいると日本食のやさしさが恋しくなります。ただ、大手スーパーやショッピングモールでは少し高めの日本食も売っているので安心です♪

田舎の方にはありませんが。

寒すぎる

マレーシアって暑いと思っていませんか!??

ノン!ノン!!

室内、ものすごく寒いです。

冷房を贅沢に使用しています。マレーシアに来てからヒートテックを買った隊員もいるので、旅行に来るときでも羽織るものは持ってきておいた方がいいです。

 

おまけ:商品が適当、その②

大使館の方もお招きした協力隊の総会で、一人3分の自己紹介をすることになったんですよね。

一人3分でも、20人以上いると、1時間を超えます。というわけで、来る方が飽きないように私は普通の自己紹介ではなくて動画を作成しました。

一回しか使う機会がなかったので、載せておきます。

(アラサーなのに、マレーシアではスッピン・・・すみません)

撮影地:任地だったサラワク州クチンの大きなショッピングモール!!

※載せたかっただけです。活動はとても真面目にしてました。

 

まとめ

・商品がいい加減

・トイレが汚い

・祝日・休日が多すぎる

・初対面でもびっくりする筆問

・時間にルーズ

・店員さんいい加減

・甘い

以上、ここが変だよマレーシア!と題して、マレーシアに実際に住んでみてびっくりしたことを書きました。

でも、素敵な国だなぁと思っています。大らかな気持ちで行けば楽しめることは間違いなしです!!
記事が良かったらシェア、イイネ、はてブなどしていただけると励みになります!!

♥勝手にオススメ記事

幸せの基準はお金じゃない。最強の首狩り族、イバン族と生活をしてみて。
私の住んでいるマレーシアのサラワク州というところは、あの仲間由紀恵主演のトリック劇場版ラストステージの撮影現場になった場所。そして、ここには多くの民族が住ん...

♥LGBTs関連記事
↓こちらをクリック

【恋愛日記vol.2】閲覧注意!サプライズしにいったらタオルで叩かれた話。
最初に書いておきますが、これは私と恋人のただの記録である。当たり前だけど、私と恋人はフツーに日常の中で生きています。「同性愛の人に出会ったことない」っていう...
このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

好きなように生きているアラサーです。旅が好きでバイクで日本一周したことも。

田舎暮らしが憧れ。

ブログはお役立ち情報やオピニオン記事が中心の雑記ブログです♪♪

レズビアン当事者として大分県内で講演等もしています。

コメントを残す