生き方

【元教員が語る】”新人教員が10年で20人自殺”のニュースをみて思うこと。

2017/01/28

NHKでこんなニュースを見ました。

”新人教員 10年で少なくとも20人が自殺”

精神疾患などにかかる公立学校の新人教員が急増し続ける中、この10年間で、少なくとも20人の新人教員が自殺していたことがNHKの取材でわかりました。

教員は新人でも担任をもったり、保護者に対応したりする必要があり、専門家は「新人教員は即戦力として扱われ、過度なプレッシャーを受ける。

国は自殺の現状を把握して、改善を図るべきだ」と指摘しています。

私は教員採用試験合格をして、特別支援学校教諭として2年3か月働き、退職した身です。

他にしたいことがあっての退職なので、現場が嫌になったわけでは決してないのですが、学校現場で感じる課題は多くありました。

実際、現場で働いている友人も多くいます。ですが、その方たちは発言できないと思うんです。

退職した私すらちょっと怖いもん。でも、無職なので思っていたことを書こうと思う。

 

「子ども」というものを置いておいて、教員という仕事 という視点で書こうと思う。

 

「子どものために」を義務化しすぎて自分を見失っていませんか?

福祉の現場でも同じだったので、もしかしたら他の業界も同じなのかもしれません。

「子どものために」

「お客様のために」

「会社のために」

「社会のために」

こういうのって、とても大切なことだと思うんです。それが日本らしさって感じる時もあります。

ですが、これが義務になると苦しくなるんじゃないかと思う。

教員になった最初って、不安はあれど、やっぱり「子どもたちのためにこんな先生になりたい」という理想を持っている人が多いと思います。

その時は ”Want" 

これが、先輩教員や保護者のとのやり取りの中で”Must"になっていくと段々辛くなる。

 

学校の教員は採用されたばかりの新人でもクラス担任や部活動の顧問を任されたり、保護者に対応したりと、ベテランと同じ役割が求められています。引用:”新人教員 10年で少なくとも20人が自殺”

私も初任者1年目から担任でした。が、特別支援学校は少し特殊で、1クラスに何人も担任がいます。

それでも、教員という地位に就くことによって「しっかりしなければ!」「周りに迷惑かけれない!」とかなり意気込んでいました。

だって、子どもたちや保護者の前に出たら、初任者とか関係なくて、”先生”になるから。

 

高校で教員をしている友人が「周りに弱いところ見せたらいけないと思っていた」と話してくれたことがあります。でも・・・・

 

先生だって、人間です。

 

完璧な人間なわけない。嬉しかったり悲しかったり、こっそり傷ついたり・・・苦しいことに耐えていたり・・・。

先生が完璧でなければならない理由なんてないと思っています。

むしろ、先生が完璧人間だと、最終的に子どもが苦しくなる。と私は考えてます。

弱いところ、ちょっと見せちゃうくらいがいいんじゃないかなって。

教員は基本的には真面目

「子どものために!」を考えたらいくらでもすること・したいことってあるんです。

熱心な先生も本当に多いです。

ですが、教員もキャパがある。

すべてを完璧にこなそうとすると、すぐにキャパオーバーで潰れちゃう。自分を見失っちゃうくらいだと本当に危ない。

そう思います。

 

部活動って必要なの?

部活動の顧問になったら、土日もなくなる。

自分の興味のないスポーツの顧問になって、指導にあたることだって当たり前。

現行の学習指導要領の総則には、部活動について以下のように記載されています。

生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動については,スポーツや文化及び科学等に親しませ,学習意欲の向上や責任感,連帯感の涵養等に資するものであり,学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること。

その際,地域や学校の実態に応じ,地域の人々の協力,社会教育施設や社会教育関係団体等の各種団体との連携などの運営上の工夫を行うようにすること。

引用:現行学習指導要領総則

学校教育の一環だから、必要とされています。

ただ、平日はサービス残業。土日も時給に換算したら微々たるもの。

お金をモチベーションというより、やっぱり「子どもたちのために」をモチベーションにするしかないんじゃないかなと思います。

 

悩みながら児童・生徒との関係性を築いたり、自分の働き方を見付ける期間にいる新人教員が、部活動の顧問までやるとなると、かなりしんどいと思います。

 

それなのに、新人教員は頼まれたら断りにくい。

だからこそ、総則にも書いてあるように

その際,地域や学校の実態に応じ,地域の人々の協力,社会教育施設や社会教育関係団体等の各種団体との連携などの運営上の工夫を行うようにすること。

 

これ、とても大事だと思います。

 

実施している学校もありますが、多くの学校で外部コーチを取り入れるような仕組みができるとるといいですよね。。。生徒、教員お互いにとってプラスだと思う。

 

お金の問題が絡むのかな・・・・。校長や教頭が、その点は考えてほしいところですね。

管理職も大変そうなのですが(´;ω;`)

 

 

社会が学校現場に求めすぎ?

色々な方とお会いするたびに

「学校現場がもっと変われば・・・・」と言われることが多く、元教員としては少し心苦しくなります。

なぜかというと、

間違いない!と思うからです。

ですが、現場はいっぱいいっぱいだということを知ってほしいなって。

じゃないと、私の友人でもある教員が報われない(゜-゜)

システムの問題だと思っています。教員はそのシステムの下で動くしかないということを書きたかった。

ニュースになってしまうような教員が一部いるのも事実だけど、多くの教員が現場で一生懸命です。

だからこそ

批判ではなくて、協力が必要。

批判ではなく、相互理解が必要。

そう思います。

 

最後に

私が初任者として就いた学校では、3年間新人として指導教諭が付きます。

常に一緒に行動するという訳ではないのですが、学校のことを一から質問したら教えてくれていました。

とても有難かったし、その方と働けて私は幸せだったと思っています。

そして私の学校は残業は1時間程度。家に帰ってから仕事をすることもあったけれど、学校全体の雰囲気が、時間内に仕事を終わらせようという雰囲気でした。

 

土日出勤や、残業を夜遅くしている学校もあります。(他県教員からの話)

本当に想いがあって教員があったのに、今の現場が全てだと思って、退職したり病んでしまうのは勿体ないなと思ってしまいます。

県、学校によっても違うということは頭に入れておいた方がよさそうですね・・・。

数年働けば他県の異動も容易にはなるので!

 

地域と学校が連携する、コミュニティースクールのシステムがこれからもっと広まるのがいいのかもしれませんね。

 

では!長々と失礼しました。
記事が良かったらシェア、イイネ、はてブなどしていただけると励みになります!!

♥勝手にオススメ記事

絶対、携帯代払い過ぎ!!格安SIMを使って月1000円になった話。
こんにちは。おくゆいかです(@Saba0m).結構前から母が「携帯代が高いのよねぇ」とよく呟いていました。  いくらなん? 6000円~8000円くらいかなぁ・・・ うわ...

生き様は表情に表れるんだって。かっこいい生き方をしてる人は身近にいる。
こんにちは。おくゆいかです(@Saba0m)。 相変わらずパソコンでネットが繋げないので、マックのWifiを使ってます。二年前Wifiのことをウィーフィーって読んでい...

このブログの運営者

 おくゆいか 

介護福祉士、NPO法人スタッフ、特別支援学校教員、青年海外協力隊を経て今に至ります。好きなように生きてるアラサーレズビアン。福祉の枠を超えた福祉を作るため勉強中。写真を普通に撮るのが恥ずかしいので、だいたい変顔しています。

<詳しい自己紹介はこちら>

【自己紹介】夢や想いを詰め込んだら人生これからだな、と思いました。
当ブログを運営している、おくゆいかです。お前誰?って言われる前にプロフィールを書いてみようと思います。生い立ちおくゆいか 1987年11月16日生まれ幼少期~小学校3...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

-生き方