私が2年3か月で教員を退職したのは、安定ではなく、どう生きるのかで仕事を選びたかったから。

最近色々な方とお話させていただく中で良く聞かれるのが、

「なんで教員辞めたの?」ということ。

そして、ある保護者の方に「他の先生にいじめられたの?」と聞かれたことまであります。笑

 

現場が嫌で辞めたのではないので、そのことを書いておこうと思います!

教員はとても大好きな仕事だったし、辞めた今でもそう思ってます。

 

何故、教員になったのか?

実は、幼いころから教員を目指していたのではないんです。

福祉現場で働いている時に、関わっている利用者さんの生活介護に入っていた時に感じた疑問

”果たしてこれが、利用者さんたちにとって良い生活なのか”

その想いが”一体教育現場はどうなっているんだろう?”に変わって行き

よし、教員になろう!!

そんな感じ。

そこから、佛教大学の通信制で、小学校教諭免許と特別支援教育免許を取得しました。

講師じゃなくて教諭になりたかった。

実は、免許があれば、採用試験に合格しなくても学校現場で働くことができます。

でもいずれ辞めるのであればわざわざ採用試験受けなくてもいいんじゃないか?・・・という考えは全くなかった。

それは、教諭にならないと認められないのではないかという勝手な想いがあったから。(現状はそんなことなかった)

高校も受験勉強してないし大学も通信・・・いやぁ、あの時はめちゃくちゃ勉強しました!数学も英語も中1から。笑

大分での講師経験もなく、通信で免許を撮ったので試験仲間もおらず、模擬授業や実技に関する最新情報が得られなかったんですよね・・・

体育の実技なんて、mixiで仕入れた「逆立ちができないといけない」という情報を信じて、逆立ちの練習を必死にしました。

そして前日まで

「逆立ちができないやん!教員になれない(:_;)」

ってなってた。(誤情報でした。)

 

模擬授業は一人で練習。寂しかったです。

それでもなんとか、採用試験に合格し、念願の特別支援学校で働くようになりました。

 

2年3か月で退職

協力隊に行く方法としては、色々ありながらも最終的に、退職か休職かを選べることができたのですが、退職を選びました。

中途半端な時期に退職することになった点に関しては、関わってくださった方に申し訳ない気持ちがあります。

新任の私を育てるために時間を割いてくださった方、信頼してくださった保護者の方がいるので。その感謝の気持ちは次の自分の行動で示して返したいと思っています。

 

まーーー、当時はめちゃくちゃ悩んでツイートしてました。

退職して後悔しないか?あんなに必死に教員採用試験の勉強したじゃないか。大好きな子どもたちと関われなくなるんだよ?という声と戦いました。

当時の私は本音をあまり話せなかったのでツイートに書いてスッキリするって感じでした。ツイッターありがとうね。


その時の校長先生が本当に良い先生で。じっくり話を聞いてくださった。

校長先生も過去に、退職届を内ポケットに忍ばせながら働いていた時もあったという話、悔しい想いもしたという話を聞いたり・・・。

 

その結果、辞めたくないけど辞めるという選択。

 

教員として働いた中で感じたメリット・デメリットも書いてみようと思う。

元々、続けるつもりがなかったものの、教員として働く中でのメリットが思ったより大きかったので、辞めることに悩んだんだと思う。

教員になるメリット

安定した給料

介護の仕事は夜勤代込で15万、NPOは臨時職員だったこともあり12万。それまでの給料に関して不満はなかったのだけれど、教員になって給料をいただいた時に、”あ、低かったんだ”って思いました。

さらにボーナスも貰えるし、有給もとれる!!家賃補助まで。

現状、セクシャルマイノリティである以上、結婚はできません。色々な制度がある中で自立して生きるという点だけで見ると、

教員や看護師など、自立できるだけの安定した給料が得られるのは大きいかなと思います。

 

仕事のやりがい

子どもたちとすごす日々はめっちゃくちゃ楽しかった。子どもたちの成長を見守れる仕事って素敵だと思うんですよね。

介護やNPO法人の仕事も楽しかったですが、長く子どもたちと過ごせる教員の仕事が一番かも?!

月曜日に学校に行くときはいつもワクワク!!

 

休みを取りやすい。

子どもたちが学校に来るときは休みにくいけど、夏休みなどの長期休みは有給を使いやすいし、夏季休暇も5日貰えたので、連続10日休みも取得可能。海外旅行も行けました。

(これもNPO時代や介護の時に考えられないこと)

自分の時間を取れるということは大きいと思います。自分の生き方について考える時間、心身のメンテナンス、自己啓発等・・・

 

社会的な信用度

これは大きいかなと。 LGBTに関する活動をしやすいというのはあるかな?

 

 

そんな感じでメリットも多くあったのですが、考えて考えた結果、退職を選んだのはデメリット(この表現は相応しくない気がしますが)が少し上を言ったからではないかなと思う。

教員になるデメリット

“公務員”というのが重たい

先生になった途端、

「間違った行動しちゃいけないんだ」

「先生らしくしなくちゃ」

「真面目にしなくちゃ」 という意識が強くなりすぎちゃって、ちょっと窮屈に。

真面目な顔をして生きないといけないってその時は思い込んでた。笑

教員になって数カ月目はそんな風だったんだけど、そうなると子どもたちが緊張しちゃうんですよね。

ある時、「先生はこうあるべきだ」というのを捨てて、担当していた入学したばかりの児童と一緒に水たまりで思いっきり遊んだ。

その時の心が通じ合ったような感覚、その子どもの幸せな表情がたまらなかったんですよね。

ああ・・・数か月、私は、なにやってたんだろう?と。NPOにいた時みたいに接すればいいんじゃん。って。

それに気がついてからは、子どもたちの前では、同等の位置にいるように心がけていたけども。

だから、これはデメリットというより、私の意識の問題ですね。

自分の考えが極端すぎるが故のこと!!(゜-゜)

何に関しても言えるのですが、「絶対に〇〇でなければ!」という考えって自分も苦しめると思います。

 

新しいアイデアや支援法が取り入れられにくい感じ

例えば自費で外部の教育関係の研修に参加したとしても、それを学校内で活用するのが難しいんですよね。

一人で子どもたちと関わっているわけではないので協力が必要だから。

色々な先生がいるのは当たり前なわけで、熱心な先生もいれば、仕事としてあっさり割り切っている方もいます。

働き方は人それぞれだし、それに対してはなんとも思いませんが・・・。

 

組織が大きければ大きいほど、新しいことを取り入れるのは難しくなるなと。

学校ってすごく大きい組織ですもんね!

ただ、学校が悪いとかは本当に思っていないわけで・・・・

↓↓

デメリットは全て自分の問題!

デメリットはすべて自分の問題です。自分の考え方次第。

だって、教育現場で頑張っている先輩方も多くいるんです。

反感を恐れずに発言する勇気、押し通すだけの自信がその時の私にはなかっただけだと思います。

ですが、そんな自分を責めようとは思いません。

【弱さは強さ】

例えば、大きな壁があった時に何年もかけて壁をずっと力みながら登り続けることができる人はその方法がいいんだと思う。

私は、自分でも自覚をしているんだけど、強い人間ではないです。だから自分自身が潰れないように自分のことも考える必要があるんです。

自分自身が目標に向かうためには、いかに自分自身も楽しめるか ということが大事だと思う。楽しくないと続けられないから。

だから、私は私に合う方法で進んでいく必要があるんです。

ちょっと横を見たら、壁の横にスロープがあるかもしれないし(笑)

自分の弱さを知っているということは、自分の強みだと思ってます。

スポンサードリンク



教員を辞めた結果

一度、手放したからこそ、本気で自分のこれからを考えたし、脳みそがフル回転しました。

「どうやって生きてく?」

「どうやって生きていきたい?」

「何がしたい?」

「本当に好きなことってなに?」

この問いかけに本気で向き合うってすごく大事だと思います。

 

そんな時に、ネックになるのはお金のことじゃないでしょうか。

私も一番ここがネックだったかも。

 

だけど、私が本当に成し遂げたいことって、教員の給料をコツコツ溜めたとしても全然足りないんです。

だから、安定を捨ててでも一度、方向性を考える必要があると思いました。

 

気になったのはパートナーのこと。

生きるためにはお金が必要だし、今のところ日本はお金の有無が大きな幸せの基準になっている気がする。

生活費がどうとか、将来の貯金がとか、安定した生活とか・・・・

 

制度上認められていない同性同士ってことでお金の面でマイナスになることが結構あるんですよね。

考えれば考えるほど、そこに囚われすぎて動けないと自分が自分じゃなくなる感覚がすごく嫌でした。

 

そのことがきっかけで、私はパートナーに

と言ったことがあるくらい。

それ、言ったらいけんでしょ!って友達にツッコまれます(大反省)

これも、自分の考えが極端すぎるが故!!(゜-゜)

自分がお金を稼がなければ!守らなければ。っていう勝手な思い込みと勝手な責任感。

 

でも、そんな私のハチャメチャぶりの結果

「日本国内にいてくれたらいいわ~」

「好きなことして、笑ってくれたらいい」

そんなことを言ってくれるような、あたたかいパートナーです。

 

それからすっごくスッキリした!!!!

 

周りよりもオシャレにしたり、周りよりもいい物持ってたり、周りよりももっと!・・・・って考えていたら、お金がどんどん必要になると思うんです。

でも、周りとの比較ではなくて、自分の中の幸せってなんだろう?って考えた時、

”自分がやり遂げたいことに対して真っすぐに進んでいく”

ということだった。

それプラス、周りの人達が健康で、自分自身も家族を築くことができたら最高かなぁと思います。

 

どう生きたいかが見えてきた。

 

将来を職業で選ぶのではなく、どう生きるのかを考えてその手段を選ぶ方が楽しい。

人それぞれだけど、私はそう考えて今に至っています。

いつか、死ぬんだし、自分が進みたい道を進むほうがいい。

どう生きたいかが見えてきたので、これからは方法を考えるだけだと思います。

これからしようとしていることが、できるかなんてわからないんだけど、それでも好きなことだから真っすぐ進んでいきたい。

それを実行してる身近な先輩

身近に、そんな生き方をしている先輩がいます。

一番の先輩は、関わってきた子どもたち。

好きなことにキラキラした顔で熱中してる姿、たまらない。

何かやり遂げた時のどや顔がたまらない。

そのキラキラを見るのが好きだから、それが社会の理不尽さによって、奪われないように自分ができることをしたいんです。

人のために何かしたい とかではなく、自分のためなんだと思います。

自分自身の子どもっぽい部分は治したいけれど、今まで関わってきた子どもたちのように、シンプルに自然体でいたいなぁと思います!

 

二番目の先輩は、同じような想いを持って実際に行動している方々。教育現場にも、NPOにも起業されている方にも・・・すごい方がいっぱいいる。

そんな先輩方を見習って私も進みたいって思います。

 

教員、やりがいもあったし、ほんと楽しかったですよ!!

 

私、これからどうなっちゃうんでしょうか?ご飯は食べられる生活をしたいと思います。

今は何もできてなくて自分のことカッコわるって思うけど、少しずつちゃんと進も!

 

最後に

ヒラリー・クリントンさんの敗北メッセージがカッコいいので、載せておきます。

I’ve had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers — you will have successes and setbacks too.

This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what’s right is worth it.

It is, it is worth it.

(ざっくり訳:今まで成功も挫折も経験してきました。その中には大きな痛みを伴うものもありました。みなさんの多くは、自分のキャリアのはじまりにいると思います。これからみなさんも、成功と挫折を経験すると思います。

今回の敗北は、とても辛いものです。でもお願いですから、「自分が正しいと思うことのために戦う」というのは価値のあることだということ、信じ続けて欲しいのです。)

Because, you know, I believe we are stronger together and we will go forward together. And you should never, ever regret fighting for that. You know, scripture tells us, let us not grow weary of doing good, for in good season we shall reap. My friends, let us have faith in each other, let us not grow weary and lose heart, for there are more seasons to come and there is more work to do.

(ざっくり訳:だって、私たちは “stronger together”であり、一緒に前に進んでいくのだと信じているから。そしてそのために戦ったことを、絶対に後悔しないで。みなさんご存知のように、聖書にはこうあります。「正しい行いをすることに疲れ果ててしまわないようにしましょう。失望せず、あきらめずにいれば、やがて祝福を刈り取る日が来るからです。」みなさん、お互いを信じて、疲れ果てず、心を失わずにいてください。なぜなら、私たちにはまだまだたくさん、やるべきことがあるからです。)

引用:【アメリカ大統領選挙】ヒラリーの敗北宣言スピーチが完璧すぎて、鳥肌がたった。【ざっくり訳つき】

”戦う”という表現は好きではないのですが、これだ!って思うものを信じていきたいと思います。

「正しい行いをすることに疲れ果ててしまわないようにしましょう。失望せず、あきらめずにいれば、やがて祝福を刈り取る日が来るからです。」

聖書言いこと書いているのね(゜-゜)

よし!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

好きなように生きているアラサーです。旅が好きでバイクで日本一周したことも。

田舎暮らしが憧れ。

ブログはお役立ち情報やオピニオン記事が中心の雑記ブログです♪♪

レズビアン当事者として大分県内で講演等もしています。

コメントを残す