【いつまで相手の顔色伺って疲れてるの?】これからの時代は”意識的KY力”で乗り切ろう!

こんにちは。おくゆいかです(@Saba0m).

突然ですが、意識的KYっていう言葉を知っていますか?

知らないですよね??

最近私の頭の中に浮かんできた、ただの造語です。笑

でも、私は今、この”意識的KY力”が今の日本を生きていく上でとても重要だと思っています。

そのことについて書かせてください。

KY否定が日本を息苦しくしてるんじゃない?

KYって何?

K=「空気」、Y=「読めない」で、「空気が読めない」という意味です。

2006年ころから女子高生が使いはじめ、ユーキャンの流行語大賞にもなりました。

当時は「あいつKYだよねぇ~」というような使い方で結構人を馬鹿にするような使い方をされてました。

発達障がいのある方を支援する仕事をしてきた私にとって、KYの話を聞くたびにちょっと複雑になるんです。

KY(空気がよめない)ということはアスペルガー症候群の症状の一つだから。

自分の話ばかりで相手の話を聞かない、場の空気を読まずに発言する等々・・・・。

空気を読めないことは性格ではなく脳の仕組みだから、それを馬鹿にする様子は見ていられない時があります。

空気を読むことは、時にマイナスになる。

過去ほどKYという言葉は流行っていませんが、私はKYって今の時代に必要だと思っています。

(※KYという単語を悪い意味で使ってません)

なぜそう思うのかというと、

空気を読みすぎて自分を表現できなかったり、周りからどう見られるかを恐れて縮こまっている人が多すぎると思うから。

空気を読むのは日本人の良いところでもあると思うのですが、読みすぎることでキツくなる人も中にはいませんか?

私はそうなる一人。笑

空気読まないでバンバン発言したり、好きなことを楽しそうにやってる人のことを羨ましくなる時期もありました。

スポンサードリンク



 

空気を読まないことで新しい視点が生まれる!

子どもたちって、時々、ものすごい面白い発想をしたり、びっくりするような発言をするんです。

特に脳の仕組みが少し違う発達障がいのお子さんの発想にはハッとされられることも多いです。

 

「うわぁあああ、そんな考え方するんだ?!おもしろい!!天才!」って思う。

 

斬新で新鮮でおもしろい。

ある自閉症と診断されてた教え子の話。

1年生で入学した時の絵は空想の世界を思いっきり描いてた。

天空の城ラピュタのような不思議でワクワクがどんどん広がるような絵。

その子のワールドがそれらの絵にはこもってた。

 

それが学校の中で集団生活を学び、規則に従って動いていくうちに現実的な絵を描くようになったんです。

 

…これを成長と捉えて良いのか、私が彼女の才能を潰す存在になってないか?ってめちゃくちゃ考えました。

 

でも、その教え子だけでなくて、大抵の人が歳をとるにつれて、社会の常識や固定観念が染みついて社会の中の自分という存在が出来上がっていくのではないでしょうか。

その結果、自分の判断基準ががちがちになっていたり、空気を読んで行動するようになってる。

だから、「嫌なものは嫌」とはっきり言う姿や、

空気を読まないからこそ産まれる新しい発想を持つ彼らから、

違う視点で物事を見ることの大切さを学ばせてもらうこともあるし、逆に、子どもたちのそんな部分を見習いたいなぁと思うんです。

だって、キラキラしてて楽しそうなんだもん!笑

 

意識的KY力をつけよう>

K(空気)Y(読まない)力。

敢えて、空気を読まないということが大事だと考えてます。

意識的にKYになろうよ!っていう提案。

空気を読むということはその場の雰囲気に周りを合わせるということ。

一人一人違う人間なのに同じ方向に全員で行進してくのってちょっと奇妙。

社会の空気を読んで進むことが当たり前になっていると、既存の社会の枠の中でしか物事を見られなくなる。

決められたルールを疑わず、従ってしまう真面目な日本人だからこそ、自分自身を守るために意識的KY力が大切だと思うようになりました。

 

「これ、本当に正しいの?」

「雰囲気に流されてない?自分の考えはどこ??」

 

私は空気を敢えて読まないで違う視点から物事を見るということをしていきたい。

 

それに、空気を読みすぎて苦しくなるんだったら、思い切って空気を読まない!という選択もしなきゃなぁと思う。

最終的には、KYっていう言葉を褒め言葉として捉えていきたい!!笑

 

どうかKYが受け入れられる社会になってください(笑)

・変なことをしている人を見ると批判する社会。

・少数派(マイノリティ)を排除しようとする社会

そんな「異」を認め合わない社会ってつまんないって思っちゃう。笑

学校現場で「個を生かす」と言われた時期があったんですけど、結局、集団から大幅にズレてしまう児童は煩わしく思われちゃうんです。

先生は先生で、多くの児童と関わっていく必要があるので、先生が悪いだなんて決して思っていないんだけれども・・・

これからもっと、「異」があることが面白い!って言われるようなそんな日本になりますよーに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

好きなように生きているアラサーです。旅が好きでバイクで日本一周したことも。

田舎暮らしが憧れ。

ブログはお役立ち情報やオピニオン記事が中心の雑記ブログです♪♪

レズビアン当事者として大分県内で講演等もしています。

コメントを残す