噂のハイパーリバ邸で宮森はやとさんに会ってきた。

こんにちはおくゆいかです(@Saba0m)

先日、噂のあの場所に行ってきました。

その名もハイパーリバ邸!!そのことについて書きたいと思います。

ハイパーリバ邸ってなに?

まず、リバ邸とは?

BASEやクラウドファンディングサイトを経営されている、起業家の家入一真さんが考案した、社会に鬱屈した気持ちを抱える人たちが駆け込める場所、シェアハウス「リバ邸」。

・「世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自が何かしら独自のアウトプットを追求する場所」。
・アウトプットの内容は自由で、ジャンルも規模も収益の有無も問いません。本当に自分のやりたいことを見つけ、それを形にしていく場所です。
・各地のリバ邸は「現代の駆け込み寺」というコンセプトは共通していますが、地域や住民の特色に沿って、リバ邸ごとに多様な雰囲気・環境・ルールを持っています。

引用元:リバ邸の理念・コンセプト | リバ邸総合サイト

そんなリバ邸にハイパーをつけた「ハイパーリバ邸」

ハイパーリバ邸創業者の宮森はやとさんの言葉

ハイパーリバ邸は社会の網からこぼれてしまった人、ニート、LGBTの人たちといった立場や性的志向の違いなど関係なく、どんな人でも受け入れる場所です。

鬱屈した人たちが駆け込んでくれば、メンバーが相談にも乗ります。深刻であれば泊まることも可能です。

おお、LGBTって入ってるやん。行ってみよう。

そんなきっかけで行こうと思い立つ。

ハイパーリバ邸にいってみよう!

場所は三軒茶屋。詳しい住所は、ハイパーリバ邸のツイッターもしくは、宮森はやとさん(みやも)のツイッターにて尋ねると答えてくださると思います。

東京って、超都会なイメージだったのですが、三軒茶屋って下町感があって、素敵な場所だったのね~

ウキウキしながら、googleマップの案内に従い、三軒茶屋駅から歩いて向かいました。

夕暮れ時にこんなお店でお惣菜を買うのってあこがれ!!

楽しみながら歩いているとありました!!

まさにハイパーリバ邸の名前そのものの建物が!!!!

 

というのは冗談で、実際はこんな感じ。

青い色の一軒家です。行きやすい雰囲気です(^^) ”青い目印の家”っていうのが印象的だったので、すぐに見つかりました。

インターフォンを押すと、「どもども~」と、みやもさんが気さくに出迎えてくださいました。

みやもサンはこんな人

政治家になることから逃げて、行き着いた先がブログでした。
現在、東京都でプロブロガーとして活動。
月間読者35万人。ハイパーリバ邸創業者。メンバー数180人以上のブロガーオンラインサロンも主宰しています。宮森さんブログより引用→ 今日はどんな本音を語ろう

ブログを読んでいるうちに出来たみやもさんのイメージは、ちょっと堅い人なのかな?って思ってました。

実際は気さくな方!!キラキラした兄ちゃんって感じ!!

やっぱり、会わないとわからないことって多いですね!!イメージがかなり変わりました。

 

こんな話をしました。

イメージ図

色々な人の悩みを聞き続けるのって大変じゃない?

「いやぁー大変!!大変だけど、地道に相手と話していくことが一番大事だと思っているし、相談があるということは自分が必要とされているということだから」

もっと、効率のいい方法ってあるのかもしれないけど、それだとできないことがあって、遠回りに見えることが一番の近道だと思う。とのこと。

 

これは本当に同感。

協力隊活動とも似てるなぁと思いました。地道に目の前の人を大事にすることが先に繋がる っていう点。

 

ブログは1回バズらせろ

みやもさんはプロブロガーです。ブログのアドバイスもいただいちゃいました。

「最初に一回バズらせたほうがいい」

一度バズらせると他の記事も読んでもらえるようになる。とのこと。

「読まれなきゃ意味がない」 ほんと、その通りですよね・・・。

ちなみに、はてなブログの方がバズりやすいって。私はWordpressを使ってます。あらーーーーー。笑

スポンサードリンク



印象付ける

同じガラスのコップだとどれがどれだかわからない。だから見つけてもらえるように印象づけることは大切。

今の私のブログは「レズビアン」っていう単語がよく出てくるし、私もレズビアンという単語に自分自身が慣れようと思って意識的に使っています。

(自分自身がこの言葉に嫌悪感があったため使って慣れよう作戦)その結果、無意識にキャラになっている可能性が・・・笑

でも、レズビアンだけだと弱い と。

“介護レズビアン”とか“レズビアン教師”とか何か足すといいかもね。とのこと。

 

そんで・・・なんだかそれ、エロイね。って話になりました。w

 

でも、世の中の男の方が持つレズビアンのイメージはエロい。だと思うんです。

なぜ?って考えると、男の方がレズビアンのことを知る機会ってAVの中くらいしかないから、仕方ないことかなぁと。笑

そんで、きっとAVに出演されてるレズビアンって綺麗な方が多いんじゃないかと(見てない。私は見てないから予想ね。うん←)

だから、もっさい私のようなレズビアンだと公言することは意味があることだと思う。

この点に関しては、無理にキャラを作る事ではないと思うので、自分は自分で進んで行けばいいかなぁと思っています。

 

私の恋愛の話

「いつから女の子を好きになったの?」という質問されたので、初恋の話をしました。笑

ノンケ(異性愛者)の方と恋愛の話をするのって、すっごく新鮮なんですよね。楽しかった!!

ノンケの方が、同性愛の人をどう思っているのかを正直に聞けるっていうのは大切だと思っているので、もっと聞いてみたかったなぁ・・・。

ノンケの方、連絡お待ちしております。(笑)

 

発信するって大切な事

みやもさんは発信することで色々な人に知られ、発言力をつけた方。

発信することの大切さをおっしゃっていました。

実は私がブログをはじめた一番の目的は、発信力をつけたかったから。

これは協力隊活動をしている間に、発信することで現地の方と繋がって、協力を得られたり仲間ができたという経験があり、発信することの大切さをすごく感じたから。

ブログは発信するための一つのツールだと思っています。

 

ハイパーリバ邸は本音で話せる場所。

そんな印象を持ちました。なぜ、本音で話せる場所かというと、みやもさん自身が本音で話してくださるからだと思います。

変顔でとりましょ!って言ったら変顔でとってくれたよ。ひどいやろ。どや。

 

LGBTの私の視点から見たハイパーリバ邸は??

私は周りにカミングアウトしまくっているレズビアンなのですが、そうじゃない人が大半です。

同じLGBTには警戒せずに気楽に話せるけど、ノンケの人には話せないっていう人の方が圧倒的に多いんですよね。

その点を考えると、当事者が一人いたら、LGBTの人はかなーり行きやすくなるかな?と思いました。

でも、LGBTの方に対しても気軽に!って言ってくださる場所があるのは当事者として非常にありがたいです!!(^^)というか、嬉しいですね。

増えてほしいです。こんな場所♪♪「LGBTの方に対しても気軽に!」この一言ってすごくデカい。

 

こんな人におすすめ

私は悩みが無かったので、みやもさんと楽しい時間を過ごさせてもらっただけですが、

・人生に迷っているかた

・誰かに話を聞いてもらいたいかた

・悩みがある方などなど

・ダメな自分を肯定してもらいたいかた。

訪れてみると何か一歩進むきっかけをもらえるかもしれませんよ(^^)

みやもさん、楽しい時間をありがとうございました!!

追記:みやもさんはこの後ハイパーリバ邸を離れています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

田舎暮らしが憧れ。

レズビアン当事者として大分県内でちょこっと活動中。

コメントを残す