小栗旬、マツコデラックスも元不登校。未来を奪うのは不登校ではなく周りの対応。

こんにちは。おくゆいか(@Saba0m)です。

先日、ある方と不登校について話したことがきっかけで、不登校について考えました。

そのことを記事にしたいと思います。

まずは過去に不登校でも、現在、個性を生かして活動されている芸能人について。

不登校だった芸能人とその理由

 小栗旬さん

花より男子、ごくせん、貧乏男子に出演されていたイケメン俳優の小栗旬さん。

「中学時代、机の中にゴミを入れられたり、自分の私物だけでなく机やイスまでがクラスメートに捨てられていたことがあったそうです。そのため登校拒否となり、卒業式にも出られなかった」出典小栗旬、成宮寛貴、水嶋ヒロ…イケメン俳優が告白した悲惨ないじめ体験 | アサ芸プラス

イジメが原因で不登校になったそうです。

 

マツコデラックスさん

マツコデラックスさんも、過去、不登校だったことをテレビ番組の中で明かしたことがあります。

「周りに合わせるのがつらくなっちゃったの。子供でいるのが疲れちゃって、学校の雰囲気が嫌になっちゃったの」

イジメではなく、精神的に大人だったマツコ・デラックスさんらしい理由ですね。うーん、なんだかわかる気がします。

私の知り合いにも、不登校の男の子がいます。小学校2年の時に少しずつ学校に行かなくなっていました。いじめられている訳でもなく、友だちも沢山いる男の子だったんですけどね。そんな気持ちだったのでしょうか。

その後、学校には行ったり行かなかったり。高校を卒業し、今は働いています。

 

指原莉乃さん

我が大分県のの星、さっしーも!!!

「初めのうちは廊下ですれ違うと、意味もなく爆笑されたり、陰でぐちぐち悪口をいわれたり、私が歩いているだけで、『ちょ~ウケるんだけどお』って、意味不明。悩んだりとか、悲しいとかは思わなかった。部活は楽しかったし・・・。ただただ、めんどくさいと思った。なんでこんなことするんだろう。私の何が気に入らないんだろうって・・・。」  出典指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 MOOK)


 

ある日、学校から家に着いてポストを開けたら、何も書いていない封筒が入っていました。中を見たら、汚い字で『もう学校に来ないでください。よろしくお願いします。』って書いてあった。 出典指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 MOOK)


酷いですね・・・・。

スポンサードリンク



 

中川翔子さん

中学のころ、私はずっと「死にたい」と思ってた。無視されたり、陰口を言われたりするのがつらくて、結局、卒業式も欠席した。1人で絵を描いていて、「キモい」って笑われた。「お前に言われる筋合(すじあ)いはない!」って言い返したかったけど、言葉が出なかった。今でも悔しいんだよ。 引用 朝日新聞デジタル”いじめられてる君へ 中川翔子さん

しょこたんのお母さまが、しょこたんに送った手紙内容。

”思春期を迎え、個性も感受性も強い貴方はいじめにあってから不登校、引きこもりになり毎日暴れ自分で自分を傷つけ追いつめて行きました”

”あんなに不健康でひきこもりだった貴方が自分の居場所をみつけ 今、どんなに辛い事があっても笑顔を絶やさず、努力を惜しまず「生きている証」を残していっている 娘でありながら、そんな貴方をママは心から尊敬しています”

 

しょこたんも、さっしーも個性が強いが故のイジメですね・・・・。

 

今、輝いている芸能人の中でも、過去に不登校を経験されている方思いのほか居ることがわかりました。

 

居場所がないところに居続けるのは辛いこと。

学校に行きなさいという親、教師

もし、自分が親だったら・・・・学校に行きなさいと言いたくなると思う。

「小学校→中学校→高校→大学or就職」という見通しがあるとある程度安心ですが、

「小学校→不登校・・・・→この子は今後どうなるの??」

見通しがないと、そんな気持ちになってしまうと思います。

元教員としての立場から考えても同じ。不登校の児童に出会った時に「学校に来なくていい」とはなかなか言いづらいのではないでしょうか。

同じく、小学校→不登校・・・・→この子は今後どうなるの??

先が見えないと不安になると思うんです。学校が全てではないと思いつつも。

ですが、誰よりも不安や心配と向き合っているのは子どもだということは忘れないようにしたいですね。

 

なぜ、行きたくないのかを、明確に言語化できる力がない。

昔、学校で関わっていた男の子の話。

事あるごとに「先生のこと嫌い!!」「こっちにくるな!」「こんなのやりたくない!!」・・・そしてパンチ。

でも関わっていくうちにわかってくる。うまく言語化できないでいる彼の苦しさが。

新しいことをする時の失敗への恐怖を伝えられなくて、思いつく拒否の言葉を全力で述べる。という感じ。

二学期の終わりごろには「ぼくね、こわかったんや」「いっぱい人がいると攻撃したくなる」と、少しずつ気持ちを伝えてくれるようになった。

それでも語彙が十分ではないですが。気持ちは十分伝わってきました。

 

今、改めて思います。表面上の言葉のみに囚われずに、言いやすい雰囲気づくりが普段から大事だなぁと。

「なぜ行きたくないのか」というのも同じで、そのようなお子さんに合った時には、表面に出てくる言葉だけですべて判断しないようにし、言いやすい雰囲気づくりを心掛けたいです。

 

居場所をつくる工夫。

どんな理由であれ、居場所がないところに居なければならないって、つらい・・・

義務教育中って、「家!」「学校!」の二択しかないような雰囲気があると思うんです。

例えば、学校に居場所が無くなって不登校になり、さらに家でも責められたら・・・・うーーーん、想像しただけで心が萎んでしまいそう。

親や教師が居場所の選択肢を広げられるようになるのが理想ですね。

不登校サポートナビ の中で、フリースクールや通信制教育、高卒認定のことなどについても書かれていました。

 

 最後に:勇気づけられる言葉。

マツコ・デラックスさん

「子供のとき失敗しても、もう1回大人でチャンスが来る」「どんなに学生時代つまんなかったりいじめられたりしても、もう1回新しい場所に行けるチャンスがあるから、それでいいよ」  引用 マツコ、不登校だった過去を告白「子供でいるのが疲れちゃって」

中川翔子さん

学校なんて周りに数十人しかいない小さな世界だから。無理に合わせても苦しいだけだよ。。無理して学校に行く必要なんかない。いじめなんてくだらなくて、立ち向かう意味すらないから。いじめから逃げることは、本当の「逃げ」とは違う。まず、自分のことを大事に考えてほしい。 朝日新聞デジタル”いじめられてる君へ 中川翔子さん

 

樹木希林さん

引用:不登校新聞に樹木希林さんがメッセージを載せた時のもの。
「私は小さいとき、自閉傾向の強い子どもでね、じっと人のことを観察してた。学校に行かない日もあったけど、父は決まって「行かなくてもいいよ、それよりこっちにおいで、こっちにおいで」って言ってくれたの。だから、私の子どもがそういうことになったら、父と同じことを言うと思う。
 
 それにね、学校に行かないからって、何もしないわけじゃないでしょう。人間にはどんなにつまらないことでも「役目」というのがあるの。「お役目ご苦労様」と言ってもらえると、大人だってうれしいでしょう。子どもだったら、とくにやる気が出るんじゃないかな。
 

学校には行かないかもしれないけど、自分が存在することで、他人や世の中をちょっとウキウキさせることができるものと出会える。そういう機会って絶対訪れます。」

まとめ

本当にそうですね!!学校って、周りに数十人しかいない世界。その中で自分を潰してしまうのは勿体ないことだなと思う。これは学校だけじゃなく、職場にも言えることではないでしょうか。

「逃げ」という言葉は、悪いイメージがありますが、自分を守るために必要なこと。

不登校の結果、見えてくることもきっと沢山あるはず。

未来を奪うのは不登校ではなく周りの対応。私はそう思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
このブログの運営者


おく ゆいか。 

介護福祉士→発達障害関係のNPO法人→特別支援学校教諭→退職して青年海外協力隊etc...

”みんな違ってみんないい” を実現する社会をつくるために、現在はフリーで福祉・教育分野で動いています。

好きなように生きているアラサーです。旅が好きでバイクで日本一周したことも。

田舎暮らしが憧れ。

ブログはお役立ち情報やオピニオン記事が中心の雑記ブログです♪♪

レズビアン当事者として大分県内で講演等もしています。

コメントを残す